全941文字
PR

 オフィスビルの垂直移動に欠かせないエレベーター。毎日多くの社員が利用するため、乗り場やかご内の操作盤を定期的にアルコール消毒するビルも多い。この操作盤に触れずに目的階に行ける技術がある。

 三菱電機の「ELE-NAVI(エレ・ナビ)」は、セキュリティーゲートと連動して、非接触を実現する。

 利用者は、あらかじめ社員証などのIDカードに自席のある階を登録しておく。出社時にオフィスビルのロビー階でセキュリティーゲートの読み取り部にIDカードをかざす。すると、ゲートの上面にエレベーターの乗車号機が表示される。エレベーターホールに進んで、指定されたエレベーターに乗れば、自席のある階でエレベーターが停止する。この間、ホールやかご内で操作盤のボタンに触れる必要はない。退社時は、乗車階の操作盤にIDカードをかざすと、エレベーターの乗車号機が表示され、それに乗ればロビー階に行ける。

三菱電機が入居する東京ビルディングには、「ELE-NAVI(エレ・ナビ)」が導入されている。ロビー階にあるセキュリティーゲートの読み取り部にIDカードをかざすとエレベーターが指定される。そのエレベーターに乗れば、操作盤に触れることなく自分の席がある階に行ける。セキュリティーゲートの手前には、床面に光のアニメーションを投映する誘導システム「てらすガイド」が投映されている。「ソーシャルディスタンスの確保」や「分散乗車」といった新型コロナウイルス対策の映像がある(写真:三菱電機)
三菱電機が入居する東京ビルディングには、「ELE-NAVI(エレ・ナビ)」が導入されている。ロビー階にあるセキュリティーゲートの読み取り部にIDカードをかざすとエレベーターが指定される。そのエレベーターに乗れば、操作盤に触れることなく自分の席がある階に行ける。セキュリティーゲートの手前には、床面に光のアニメーションを投映する誘導システム「てらすガイド」が投映されている。「ソーシャルディスタンスの確保」や「分散乗車」といった新型コロナウイルス対策の映像がある(写真:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]
セキュリティーゲートの読み取り部にIDカードをかざすと、乗るべきエレベーターが指定される(写真:三菱電機)
セキュリティーゲートの読み取り部にIDカードをかざすと、乗るべきエレベーターが指定される(写真:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 エレ・ナビは、複数のエレベーターの運行を最適化するシステムとして開発された。同じ階に行く人を同じエレベーターに集めて停止階を減らす。あらかじめ行き先階をIDカードでエレベーターの管理システムに伝える。この機能が非接触に役立った。ただし、登録した階以外に行く場合は、行き先ボタンを押す必要がある。

エレ・ナビ(右)は、行き先階の同じ利用者をまとめて、各階停止を減らす。一般的なエレベーターでは、行き先階の違う利用者が同じエレベーターに乗り込むため、各階で人が下りる場合があり、運行に時間がかかっていた(資料:三菱電機)
エレ・ナビ(右)は、行き先階の同じ利用者をまとめて、各階停止を減らす。一般的なエレベーターでは、行き先階の違う利用者が同じエレベーターに乗り込むため、各階で人が下りる場合があり、運行に時間がかかっていた(資料:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]