PR

 米国時間の2020年6月22日に実施されたアップルの開発者向けイベント「WWDC 2020(WWDC20)」で、最も大きな注目を集めたのはMacのプロセッサーを米Intel(インテル)製から、英Arm(アーム)のARMアーキテクチャーを基に自社開発した「Apple Silicon」に移行すると発表したことだろう。MacがiPhoneと同じARMベースのプロセッサーを搭載することで、今後何が起こるのだろうか。

ホーム画面の大幅刷新が図られたiOS/iPadOS

 2020年も予定通り開催されたアップルのWWDCだが、やはり新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は免れなかったようで、オンラインのみでの開催となった。発表会場に人がおらず、新発表に対する歓声がないのは違和感があったものの、発表内容はかなりインパクトのあるものだったといえる。

 携帯電話業界を追いかけている筆者のフィールドとして注目するのは、やはりiPhone向けOSの新版「iOS 14」や、iPad向けOSの新版「iPadOS 14」に関する発表である。中でも今回は、両OSともにホーム画面を大幅に刷新してきたことに大きな驚きを覚えた。

 iOSやiPadOSはこれまで幾多にわたるアップデートが加えられてきたが、アプリのアイコンが並ぶホーム画面に関しては、iOS 7で「フォルダ」が追加されたくらいであまり大きな変更が加えられたことがなかったと感じている。だがiOS 14/iPadOS 14では、新たにホーム画面上にウィジェットが設置できるようになったのだ。

ホーム画面を大幅に刷新した「iOS 14」。従来専用の画面にしか設置できなかったウィジェットを、ホーム画面に設置できるようになっている
ホーム画面を大幅に刷新した「iOS 14」。従来専用の画面にしか設置できなかったウィジェットを、ホーム画面に設置できるようになっている
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来iOSのウィジェットは、ホーム画面を右にスワイプすると現れるウィジェット専用画面からしか利用できず、Andoridのようにホーム画面上にアプリアイコンとウィジェットを混在できなかったためあまり使い勝手が良いとはいえなかった。だがiOS 14/iPadOS 14ではウィジェットをホーム画面に設置できるようになり、ウィジェットの利便性が大いに高まるだろう。

 またiOS 14/iPadOS 14には、新たに「App Library」という仕組みも設けられている。これはホーム画面の最後に設置され、全てのアプリを1つの画面にまとめて呼び出しやすくする仕組み。App Libraryの提供とともに、それ以外のホーム画面の表示・非表示を選択できるようだ。

全てのアプリを1つの画面で管理できる「App Library」も提供。それによってApp Library以外のホーム画面の表示・非表示も変更できるようになった
全てのアプリを1つの画面で管理できる「App Library」も提供。それによってApp Library以外のホーム画面の表示・非表示も変更できるようになった
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンやタブレットの顔となるホーム画面のインターフェースを大きく変えることは、ユーザーにも混乱を与えかねないだけに難しい。だが今回大きな変更を加えたのには、やはり現在のホーム画面の仕組みではアプリの管理に限界が出てきているが故といえるだろう。

 iPhoneやiPadのホーム画面にはこれまでAndroidの「ドロワー」に相当する機能が無く、アプリアイコンが全てホーム画面に並ぶ仕組みだった。利用するアプリが少なかった時代はそのことが「分かりやすい」として評価されてきたのだが、ユーザーが利用するアプリが大幅に増えた現在では、フォルダを使っても管理し切れずホーム画面が見づらくなってしまっている人が増えている。

 そうしたことからアップルも、分かりやすさからアプリの管理しやすさに比重を起き、ホーム画面のシンプル化を進めるに至ったといえそうだ。それだけに、この変化がiOSのインターフェースにおける転換点であることに間違いない。