PR
(出所:アップル)
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple(アップル)は2020年6月22日(米国時間)、世界開発者会議「WWDC 2020(WWDC20)」をオンラインで開催した。ソフトウエア開発者向けのイベントなので、冒頭の基調講演ではiOSやmacOSといったOSの次期バージョンの紹介などがメインになるのだが、ハードウエアの新製品が発表されることも多い。しかし今回はハードウエアの発表はなかった。

 今回の基調講演の流れを考えるとそれも納得するところ。講演では、これまでの米Intel(インテル)製のプロセッサーから脱却し、アップルが独自に開発するプロセッサーを採用すると正式に発表したからだ。かなり衝撃的で、しかも古くからのMacユーザーはニヤリとしてしまう内容が随所に登場した。

 Macがこれまでに経てきた変遷と合わせて紹介しよう。

4回目の変革は「Mac OS X導入以来の大幅なアップデート」

 基調講演が3分の2を過ぎたあたりで、Macの次期OSとなる「macOS Big Sur(ビッグサー)」が「Mac OS X導入以来の大幅なアップデート」として発表された。

 見た目やインターフェースは、先に発表されたiPadの次期OS「iPadOS 14」と共通するものが多く、操作性やユーザー体験をiPhoneやiPadと統一することを意識して設計されていることが見て取れた。

 これだけでも「大幅なアップデート」といえるが、さすがに「Mac OS X導入以来」は大袈裟すぎる。

 実は発表にはまだ続きがある。かねての噂通り、MacのCPUをインテル製からARMアーキテクチャーベースの自社製プロセッサーに移行することが正式に表明された。このプロセッサーをアップルは「Apple Silicon(Appleシリコン)」と呼んでいる。macOS Big Surにはこの移行のための様々な仕組みが搭載されている。

 Appleシリコンへの移行と併せて「Mac OS X導入以来の大幅なアップデート」になるわけだ。

Macの次期OS「macOS Big Sur」は、「iPadOS 14」と共通するユーザーインターフェースを多く採用し、ユーザー体験のさらなるシームレス化を図る
Macの次期OS「macOS Big Sur」は、「iPadOS 14」と共通するユーザーインターフェースを多く採用し、ユーザー体験のさらなるシームレス化を図る
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 OSをアーキテクチャーの異なるプロセッサーに移行させるのは極めて大きな変革だ。発表の中で「Macの歴史には3回の大きな変革があった」と語られている。筆者はその全てを体験してきた。4回目の変革も体験できると思うと感慨深い。