全1956文字
PR

 米Apple(アップル)が2020年6月22日(米国時間)から開催した世界開発者会議「WWDC 2020(WWDC20)」で、筆者が注目したのはiPadが搭載する「iPadOS」だった。22日に同社は、OS最新版「iPadOS 14」のプレビューを発表している。

 iPadOSは、基本的にはiOSをベースとしている。その上で、iPadが使いやすいようにカスタマイズしたり機能を追加したりしているのだ。大きな差としてはマルチタスキングやAR(拡張現実)などが挙げられるが、Apple Pencilによる手書きもiPhoneにはない部分である。

 アップデートごとに進化するiPadOSの手書き機能だが、iPadOS 14でさらに磨きがかかる。

「落書き」という名前の新機能

 Apple Pencil向けに新しく搭載された「Scribble」は、辞書を引くと「落書き」という意味だと分かる。この機能は、当初英語と中国語に対応するとのことだが、日本語を含む他の言語にも順次対応する予定になっている。

 Scribbleによって、ついに手書きのテキスト変換に対応する。これまでも、MetaMoJiの「mazec for iOS」を利用すると手書きによるテキスト入力ができた。実際に使ってみると、Apple Pencilでメモを記録したり文書を作ったりするときにとても便利だ。そんな手書きによるテキスト変換にOSレベルで対応するのだ。

 認識率の高さや誤認識の変換方法、日本語に多いカタカナの「イ」とにんべんの認識が正しくできるかどうかなどは、とても興味深い。後出しになるので、mazecを余裕で上回る使い勝手と認識率を期待したい。

 自動変換はテキストフィールドにも対応するとされている。Webの検索などもApple Pencilで利用できるはずだ。子供の学習用にも、役立つアプリが多数登場するだろう。

テキストフィールドにも手書きのテキスト変換で入力できる。ボックスをはみ出した手書き文字もしっかり変換する
テキストフィールドにも手書きのテキスト変換で入力できる。ボックスをはみ出した手書き文字もしっかり変換する
(出所:米Apple)
[画像のクリックで拡大表示]