全815文字
PR

 電子署名や電子サインを扱う電子契約サービスが普及し始めた。それによって新たな問題も起きている。企業がそれぞれ異なる電子契約サービスを利用している場合、いずれか1つを選ばなければ契約できない。

 企業間の契約では通常、代金を支払う側の発注者や大企業の方が立場が強い。そのため受注側に多い中小企業は取引先ごとに異なる電子契約サービスを全て使わなければならない恐れがある。これは秘密保持契約(NDA)やシステム開発契約など電子署名や電子サインを使う一般的な電子契約に加え、個々の受発注契約を扱うEDI(電子データ交換)にも通じる問題だ。

 そこで、法人間の電子契約からEDIを通じた受発注契約まで複数のサービスをつなぐプラットフォームの構築に乗り出したのが、クラウドERP(統合基幹業務システム)の「SmileWorks」を提供するスマイルワークスだ。

スマイルワークスが着手した複数の電子契約サービスやEDI(電子データ交換)の利用環境の整備
スマイルワークスが着手した複数の電子契約サービスやEDI(電子データ交換)の利用環境の整備
(出所:スマイルワークスの資料を基に日経コンピュータ作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2020年5月末にデータ・アプリケーション(DAL)と提携し、EDIで実績のあるDALのデータ変換エンジンをSmileWorksに組み込むと発表した。同社は今後クラウドでさまざまなデータを変換・連携できるゲートウエイサービスを提供する計画だ。