全250文字
PR

 気象庁は2020年7月4日午前4時50分、熊本県と鹿児島県に大雨特別警報を発表した。特別警報をもたらした猛烈な雨は、球磨川流域で堤防の決壊による浸水被害や落橋、斜面地での土砂災害などを引き起こした。

 アジア航測と朝日航洋は共同で、九州南部にもたらされた大雨による被害状況を、警報が発表された7月4日に空撮。翌5日に写真を公開した。洪水に見舞われた球磨川の様子や落橋が発生した地点の状況、民家を襲った土砂災害などを記録に残している。

 以下にアジア航測と朝日航洋が撮影した写真を紹介する。

球磨川に架かる深水橋が落橋した地点(写真:アジア航測・朝日航洋)
球磨川に架かる深水橋が落橋した地点(写真:アジア航測・朝日航洋)
[画像のクリックで拡大表示]

JR肥薩線の坂本駅周辺の様子(写真:アジア航測・朝日航洋)
JR肥薩線の坂本駅周辺の様子(写真:アジア航測・朝日航洋)
[画像のクリックで拡大表示]

JR肥薩線の段駅周辺の様子(写真:アジア航測・朝日航洋)
JR肥薩線の段駅周辺の様子(写真:アジア航測・朝日航洋)
[画像のクリックで拡大表示]