全4077文字
PR

 「令和2年7月豪雨」では死者・行方不明者が80人以上を記録した。2019年の東日本台風では107人、18年の西日本豪雨では245人だ。従来、豪雨災害の際の死因としては土砂災害の比重が大きかったが、最近は水死の割合が高くなっている。海外では、浸水被害による人命損失のリスク管理を河川計画に導入する取り組みが始まっている。繰り返す甚大な水害を前に、「日本も同様の取り組みの検討を進めるべきではないか」と、元国土交通省で現在水源地環境センターの安田吾郎氏は主張する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中