コロナ禍で「電子契約」が注目を集めている。紙の契約書に押印または署名する代わりに、デジタル文書の契約書に電子サインや電子署名をして取引先とやり取りする方法だ。テレワーク中にハンコを押すため出社を強いられる事態を避けられる。政府は法解釈を緩和して電子契約を後押ししており、導入の機運が急速に高まっている。電子契約にいち早く取り組んだヤフー、ネスレ日本、ぐるなびの3社の事例を通じて、電子契約導入の勘所を解き明かす。

■変更履歴
記事公開当初、ネスレ日本の社名が間違っていました。おわびして訂正いたします。本文は修正済みです。 [2020/07/22 20:00]