全3333文字
PR

 TeamsによるWeb会議の上級活用法を解説する。今回は動画サービス「Microsoft Stream」との連携によってWeb会議の動画を見直しやすくする方法を取り上げる。

 テレワークに慣れてくると、Web会議が増えてくるものだ。それに伴い「どのような議論があったのか忘れてしまった」「あの説明をもう1度確認したい」のように、Web会議を振り返ることがある。

 Microsoft TeamsではWeb会議の動画を容易にファイルとして保存できる。Web会議の画面のメニューで「その他の操作」を選び「レコーディングを開始」をクリックすればよい。

 しかし単に動画を保存しただけでは、見直す際の利便性が低い。「あの議題に進んだのはWeb会議が始まって何分ごろだっただろうか」と、該当箇所を探さなければならないからだ。Web会議の動画を見直したとき「議論の内容を検索できたらよいのに……」と思った人もいるのではないだろうか。

 この悩みはTeamsをStreamと連携させることで解決できる。Streamとの連携で、Web会議の動画ファイルに頭出し用のインデックスを付けたり、文字起こしをしたりしたうえで他のメンバーと共有できるからだ。

デフォルトでTeamsとStreamは連携する

 最初にStreamについて説明しよう。StreamはMicrosoft 365に含まれる、企業内向けの動画サービスだ。動画のアップロードや再生が可能である。保存した動画・音声ファイルに対して、頭出し用のインデックスを手動で付ける機能や、音声から自動で文字起こしをする機能を備える。さらに、顔を検出して動画のどの部分に誰が登場しているのかを自動判別するといった人工知能(AI)支援機能もある。動画のアクセスコントロールはAzure ADと連動して柔軟に行える。

 実はデフォルトでTeamsとStreamは連携されている。例えばTeamsのWeb会議でレコーディング(録画)をすると、自動的にStreamに動画が保存される。ただし企業によってはTeamsの録画機能を無効化し、社員がTeamsからStreamに動画を保存できないようにしているケースもある。インデックス付けや文字起こしなどの優れた機能を利用するためにも、企業としてTeamsとStreamを連携させたい。

 TeamsのWeb会議を録画するには、クライアント(WebブラウザーまたはTeamsアプリケーション)でレコーディングの開始と停止をすればよい。Web会議の参加者なら誰でも操作可能だ。Microsoft 365のクラウドにおいて録画、エンコード、Streamへのアップロード、共有などが自動的に行われる。利用者の手間は最小限だ。

TeamsのWeb会議のレコーディング機能
TeamsのWeb会議のレコーディング機能
(出所:胡田昌彦、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

TeamsのWeb会議を録画するメリット

 Web会議の動画をStreamで共有することにより、さまざまなメリットを得られる。

 Web会議に参加できなかったメンバーが内容を後で確認できる。動画なので、参加者の表情や声色、共有した画面などを含む完全な形での再現・共有が可能だ。

 Web会議の時間が長く幾つかのパートに分かれている場合には、ひと手間かけることで動画の価値をさらに高められる。頭出し用のインデックスを付けられるのだ。