全6849文字
PR

レンタカーやカーシェアの利用も

 車で移動して混雑した列車や主要駅といった密な環境を避けることで、感染リスクを減らせる。

 自家用車を持っていなければ、レンタカーが選択肢となる。ツアー検索サイト「トラベルコ(https://www.tour.ne.jp/j_rentacar/)」では、国内のレンタカー会社のプランを横断検索し、最安のプランを検索できる。

「トラベルコ」のレンタカー検索画面。国内のレンタカー各社を比較して最安値を検索できる
「トラベルコ」のレンタカー検索画面。国内のレンタカー各社を比較して最安値を検索できる
(出所:オープンドア)
[画像のクリックで拡大表示]

 カーシェアを利用する手もある。スマホアプリなどから予約して駐車場に止めてある車を乗り出す。レンタカーのように店舗での手続きが必要なく、ガソリンを満タンで返す必要がないので、貸し出し・返却時の手続き時間を短縮できる。

 またカーシェアは15分単位など、レンタカーより短い時間単位で利用できる。レンタカーは店舗の営業時間中に貸し出し・返却しなければならないが、カーシェアは24時間利用可能だ。長距離は列車などで移動して、現地での観光にカーシェアを利用するといった使い方をするのもよいだろう。

 ただしカーシェアはレンタカーと違って、利用ごとに車が清掃されるわけではない。基本的に前のユーザーが使った後の状態で利用し始めるので、乗り出す前に十分に換気をしてハンドルやドア、スイッチなどを拭き取るようにしよう。一部の車には新型コロナ対策のため清掃キットが搭載されている。

 カーシェアの最大手はタイムズカーシェア(https://share.timescar.jp/)だが、初期費用1650円と月額基本料金880円がかかる(いずれも税込み)。NTTドコモが運営する「dカーシェア(https://carshare.dmkt-sp.jp/portal/)」は初期費用・月額基本料ともに無料だ。

 dカーシェアは、カーシェアサービス3社(オリックスカーシェア、カレコ、カリテコ)とレンタカー9社(トヨタレンタカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカーなど)、一般ユーザーが自家用車をシェアする「マイカーシェア」に対応している。NTTドコモのユーザーでなくても利用できる。

「dカーシェア」のスマホアプリ。現在地近くで車を借りられる場所を探せる。利用には、運転免許証の写真をアップロードする必要がある
「dカーシェア」のスマホアプリ。現在地近くで車を借りられる場所を探せる。利用には、運転免許証の写真をアップロードする必要がある
[画像のクリックで拡大表示]