日本企業を狙った標的型攻撃が高度化し、従来のような単純なウイルス対策や境界型セキュリティー対策では、クライアントのセキュリティーを守り切れなくなっている。日本を代表する大企業が相次ぎ標的型攻撃にさらされているなか、先進的な企業やこれまでに「痛い目に遭った」企業は、攻撃の検知とマルウエア感染後の対応に軸足を置いた、EDR(Endpoint Detection and Response、エンドポイントの検知と対応)と呼ばれる新しいマルウエア対策へ移行し始めている。その導入事例や技術的な特徴を解説しよう。