マイクロサービスを活用するITシステムが増えてきた。小さなサービスを疎結合に連携することでシステムの変更速度を上げ、ビジネスの変化を素早くキャッチアップする狙いがある。ただしマイクロサービスに取り組むとき、誰もが同じ悩みに突き当たる。マイクロサービスの活用に欠かせない3つのテクニック、「サービス粒度の設計」「サービス連携」「データ同期」を押さえよう。