全3483文字

 前回は本連載の導入として、3Dプリンターの基本原理や造形プロセス、従来工法との違いや使い分けなどについて説明した。そこでも簡単に触れたが、3Dプリンターは断面形状を積み重ねるという手法を共通点としつつも、さまざまな種類の装置がある。使用できる材料、造形できる立体モデルの大きさ、実現できる精度、装置や材料の価格など千差万別である。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料