全5245文字
PR

 今回は「粉末床溶融結合法」について解説する。敷き詰めた粉末材料の表面に、レーザービームや電子ビームを選択的に照射して断面形状部分だけを溶かし、固めてしまう方法である。1層分を硬化させてから、造形テーブルを下げて次の層の粉末材料を供給するというプロセスは、結合剤噴射法とほぼ同じである。ただし、断面形状を硬化させる手段として、結合剤ではなく熱を加える点が大きく異なる。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)