全1994文字

 今回は「指向性エネルギー堆積法」について解説する。指向性エネルギー堆積法は、金型や金属部品の補修などに適用される肉盛溶接を応用した方式といえる。粉末床溶融結合方式と同様、熱源としてはレーザーや電子ビームを使う方式が実用化されている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事