全2364文字
PR

周囲の電波状況を確認してみよう

 無線LANの電波は目に見えず、どれぐらいの電波強度があるか把握しにくい。電波強度を可視化するなら、アイ・オー・データ機器が提供しているスマホ用アプリ「Wi-Fiミレル」が便利だ。同社のWi-Fiルーターがない環境でも使える。iOS版とAndroid版がある。

 Wi-Fiミレルは、Wi-Fiの電波強度を0~100の独自の指数で表す。また電波の強弱が分かるヒートマップを作れるようになっている。間取り図を用意して測定したデータを貼り付ければ、部屋の電波状況を可視化できるので便利だ。Android版のみになるが、周囲の電波の混雑状況をグラフで確認できる機能もある。

「Wi-Fiミレル」は電波強度を測定できるアプリ。電波強度を独自の指数で測定できる
「Wi-Fiミレル」は電波強度を測定できるアプリ。電波強度を独自の指数で測定できる
[画像のクリックで拡大表示]
Wi-FiミレルのAndroid版は、周囲の無線LANの利用状況をグラフで確認できる。周囲でどのチャンネルがどれぐらい利用しているかを把握するのに役立つ
Wi-FiミレルのAndroid版は、周囲の無線LANの利用状況をグラフで確認できる。周囲でどのチャンネルがどれぐらい利用しているかを把握するのに役立つ
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコンでWi-Fiの電波状況を確認するなら「WiFi Analyzer」(Matt Hafner‬氏作)というアプリが便利だ。Microsoft Storeから無料で入手できる。

 接続したアクセスポイントとの電波強度を測定できる。また周囲の電波状況を一定時間おきに測定し、それを折れ線グラフで表せるので、時間帯ごとの電波状況の変化を確認しやすい。

「WiFi Analyzer」は、一定時間おきに周囲の電波状況を測定し、折れ線グラフで表す機能がある。時間経過による電波状況の変化を把握できるので便利
「WiFi Analyzer」は、一定時間おきに周囲の電波状況を測定し、折れ線グラフで表す機能がある。時間経過による電波状況の変化を把握できるので便利
[画像のクリックで拡大表示]

設置場所とアンテナの向きをチェック

 使用場所でWi-Fiルーターから届く電波が弱いことが分かったら、Wi-Fiルーターの設置場所を検討しよう。これでつながりやすさや速度が劇的に改善される場合もある。

 Wi-Fiの電波は、障害物で減衰する特性がある。木材やガラスなどはまだましなほうで、電波を通しにくい金属やコンクリートを素材として使うものが経路上にある場合、そこで電波強度が大幅に下がってしまう。この特性を理解した上で、Wi-Fiルーターをなるべく見通しの良い場所に設置したい。

 Wi-Fiルーターを金属製のラックに設置するのもご法度だ。部屋の隅や床に設置する場合も、壁や床に含まれる鉄骨や金属が妨げとなって、電波が広がりにくくなることがあると言われている。なるべく部屋の中央に設置したい。また電波が広範囲に届くようにするには、1メートル以上の高さに設置するのが好ましい。

 アンテナの向きを変えられるWi-Fiルーターは、向きの調節によって電波状況を改善できる場合がある。効率の良いアンテナの向きは説明書に記載されているので、参照してから必要に応じて変更してみよう。

アンテナの向きを調節できる機種は、アンテナの向きによって状況が改善することがある。説明書を確認してアンテナの向きを検討しよう。画面は「WXR-5950AX12」(バッファロー)の「アンテナ設定ガイド」
アンテナの向きを調節できる機種は、アンテナの向きによって状況が改善することがある。説明書を確認してアンテナの向きを検討しよう。画面は「WXR-5950AX12」(バッファロー)の「アンテナ設定ガイド」
[画像のクリックで拡大表示]