近年ますます暑さが増す日本において、快適な冷房を低コストで実現するための対策は重みを増している。加えて、ウィズコロナ・アフターコロナ時代の家づくりでは、健康や省エネへの配慮が「当たり前」になるはずだ。新時代の「夏の備え」「冬の備え」について考えてみよう。