全1317文字
PR

 SUBARU(スバル)が満を持して公表した新型ステーションワゴン「レヴォーグ」が注目されています。「新世代アイサイト」、リーンバーン(希薄燃焼)の水平対向ガソリンエンジンなど、話題はてんこ盛り。それだけに、同車開発の裏側も熱いです。開発を長年共にしてきた日立オートモティブシステムズではなく、海外の大手部品メーカーに乗り換える一幕がありました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料