全2726文字
PR

データ分析・利活用支援ソフト/サービス

首位はウイングアーク 8年ぶりに返り咲く

 部門名称を前回の「情報分析・意思決定支援ソフト/サービス」から変更した。首位に立ったのは前回3位のウイングアーク1st。2012年以来、8年ぶりの首位返り咲きとなった。「性能・機能」「運用性」「コスト」で全社平均を5ポイント以上、上回った他、「信頼性」も全社平均より4.0ポイント高かった。2位は日本マイクロソフト。「コスト」「信頼性」で高評価を得て、前回4位から2つ順位を上げた。3位はタブロージャパンだった。

以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。アシスト*(66.1、21件)、SAPジャパン(44.3、24件)、日本IBM(57.1、20件)※「アシスト」は総販売代理店
以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。アシスト*(66.1、21件)、SAPジャパン(44.3、24件)、日本IBM(57.1、20件)※「アシスト」は総販売代理店
[画像のクリックで拡大表示]

運用管理・仮想化ソフト/サービス

再編後サーバーはMSが首位 SkyとVMware同点1位

 昨年まで「仮想化製品」「統合運用管理ソフト」と分かれていた運用に関するソフト/サービスの2つの部門を今回は統合した。そのうえで「サーバー/ネットワーク」「クライアント」というソフト/サービスの適用対象を2つに分けて調査した。

 再編後の「サーバー/ネットワーク」部門の首位は日本マイクロソフトだった。「運用性」で全社平均より5.6ポイント、「コスト」で全社平均より11.0ポイント、それぞれ高い評価を得た。2位はヴイエムウェアだった。「性能・機能」「信頼性」「運用性」の3項目で全社平均を上回った。

●サーバー/ネットワーク
●サーバー/ネットワーク
※昨年の4分野2問を今年は2分野1問に統合した
[画像のクリックで拡大表示]

 「クライアント」部門は2社が「総合満足度」で同点となり、Skyとヴイエムウェアの両社が1位に立った。

●クライアント
●クライアント
※昨年の4分野2問を今年は2分野1問に統合した
[画像のクリックで拡大表示]

 Skyは「性能・機能」「信頼性」「運用性」など全項目で高い評価を獲得した。このうち「信頼性」は全社平均を5.3ポイント、「運用性」は全社平均を6.1ポイント、それぞれ上回った。残る「性能・機能」「コスト」「サポート」についても全社平均より2.5ポイント以上、高かった。

 ヴイエムウェアは「性能・機能」「信頼性」「運用性」は全社平均より、9.9ポイント、7.2ポイント、7.0ポイント、それぞれ高かった。このうち「性能・機能」は80.2と高いスコアを記録している。3位にはエムオーテックスが入った。「信頼性」が全社平均を2.7ポイント、上回る評価を得た。

セキュリティー対策製品

キヤノングループが連覇 パロアルトが2位に浮上

 首位はキヤノンマーケティングジャパンだった。2019年にスロバキアのセキュリティーベンダー、ESETの国内総販売代理店を前回首位のキヤノンITソリューションズから引き継いだが、今回もこの部門で首位に立った。「性能・機能」で全社平均を5.8ポイント、「コスト」で全社平均を17.3ポイント、それぞれ上回った。「運用性」「サポート」の評価も高く、全社平均を2.5ポイント以上、上回った。2位にはパロアルトネットワークスが入った。「性能・機能」「信頼性」で全社平均より5ポイント以上高い評価を得たことで、前回よりも順位を2つ上げた。

注)2020年4月に米アクセンチュアが米ブロードコムからシマンテックのサイバー・セキュリティー・サービス事業を買収。シマンテックのブランド名は残さず 以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。エフセキュア(74.9、21件)、カスペルスキー(69.0、26件)、ソリトンシステムズ(67.9、26件)
注)2020年4月に米アクセンチュアが米ブロードコムからシマンテックのサイバー・セキュリティー・サービス事業を買収。シマンテックのブランド名は残さず 以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。エフセキュア(74.9、21件)、カスペルスキー(69.0、26件)、ソリトンシステムズ(67.9、26件)
[画像のクリックで拡大表示]