全3245文字
PR

 ノートPCは、周辺機器や内蔵するストレージなどのパーツと接続するために、さまざまなインターフェースを搭載している。本特集では、そうした中から重要な役割を担っている5つのインターフェースを選び、その機能性やPCの中での役割、歴史などを整理していく。今回取り上げるのは「USB」だ。

 今やほとんどの周辺機器はUSBポートを通じて接続されるようになっており、USBポートの数を「ノートPCの拡張性」と評価することも多い。また最近は、従来とは異なる「Type-C」という形状のUSBポートも搭載されるようになってきた。

ノートPCが搭載するUSBポートに注目しよう
ノートPCが搭載するUSBポートに注目しよう
(撮影:竹内 亮介、以下記載のないものは同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

最近のノートPCはType-AポートとType-Cポートを搭載

 USBが登場する前はプリンターならパラレルポート、外付けHDDならSCSI(Small Computer System Interface、スカジー)、モデムならシリアルポートなど、周辺機器の種類ごとにインターフェースポートが用意されていた。そのためPCはさまざまな形状のポートが備わっていた。もちろんケーブルもそれぞれ個別に用意しなければならなかった。

パラレルポート(写真の上部にある幅の広いポート)やシリアルポート(写真の右下にある水色のポート)が、PCと周辺機器を接続するための主なインターフェースだった
パラレルポート(写真の上部にある幅の広いポート)やシリアルポート(写真の右下にある水色のポート)が、PCと周辺機器を接続するための主なインターフェースだった
(出所:123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかもそれぞれのポートのサイズは、今と比べるとかなり大きめだった。そのためたくさんのポートを装備しても余裕があるデスクトップPCに比べると、ノートPCの拡張性は大きく劣っていた。

 こうした状況を変えたのがUSBである。USBではポートの形状が統一されたため、周辺機器ごとにどのようなポートやケーブルを利用するのかを覚える必要がなくなった。

 またUSBポートはコンパクトなので、ノートPCにも複数のUSBポートを搭載しやすくなった。また「USBハブ」を利用することで、ポート数を増やせるようになったことも大きい。

周辺機器との接続で利用するポートは、ほぼこのUSBポートに統一された
周辺機器との接続で利用するポートは、ほぼこのUSBポートに統一された
[画像のクリックで拡大表示]

 現状のノートPCは「Type-AのUSB 3.0/USB 2.0ポート」や、「Type-CのUSB 3.0/3.1ポート」が搭載されることが多い。

 「Type-A/C」はポートの形状を指す。Type-Aは小さな長方形のポートで、規格の登場当初から利用されてきた。非常に多くのPCで使われており、ケーブルもこのポートに対応したものが多い。最近のノートPCは、1台につき2~4個搭載されているケースが多い。

 一方Type-Cは、Type-Aよりも小さい楕円形のポートである。ここ数年で発売されたノートPCで搭載例が増えている。Type-Cを搭載するスマホも増えてきているので、見かける機会も増えているのではないだろうか。最近のノートPCは、1台につき1~2個搭載されていることが多い。

 またType-Cのポートやコネクターは、Type-Aのように端子の表裏がない。そのため挿し間違いが起こりにくいという利点がある。

楕円形でよりコンパクトなUSB Type-Cポート
楕円形でよりコンパクトなUSB Type-Cポート
[画像のクリックで拡大表示]