全3159文字
PR

対応機器が増えて選びやすくなったWi-Fi 6

 以降に登場した無線LANの変遷や通信速度の向上は、下記の表で整理した通りだ。最新のWi-Fi 6は、理論値ではあるが9.6Gビット/秒という高い通信速度をサポートする。

Wi-Fi Alliance
による呼称
規格名使用周波数帯規格上の最大通信速度
Wi-Fi 6IEEE 802.11ax2.4GHz、5GHz9.6Gビット/秒
Wi-Fi 5IEEE 802.11ac5GHz6.93Gビット/秒
Wi-Fi 4IEEE 802.11n2.4GHz、5GHz600Mビット/秒
略称なしIEEE 802.11g2.4GHz54Mビット/秒
略称なしIEEE 802.11a5GHz54Mビット/秒
略称なしIEEE 802.11b2.4GHz11Mビット/秒
無線LAN規格の概要

 Wi-Fi 6対応機器は、それ以前の無線LAN対応機器に比べてさらにつながりやすくなり、多数の機器を接続している環境でも速度が落ちにくいという特徴がある。またネットワークに接続していないときはこまめにスリープする機能が追加されており、電力消費も抑えられる。

 製品数もかなり増えており、対応製品も選びやすくなってきた。Wi-Fi 6に対応する現行のノートPCや標準的な無線LANルーターの通信速度は、最大2.4Gビット/秒という製品が多い。高価で高機能な無線LANルーターの中には、最大4.8Gビット/秒というモデルもある。

 無線LAN規格には互換性がある。例えばWi-Fi 6対応の無線LANルーターに、Wi-Fi 5などそれ以前の規格に対応する無線LAN搭載機器を接続することは可能だ。ただしWi-Fi 6の通信速度や提供機能は、接続する機器の両方が対応していなければ利用できない。ノートPCがWi-Fi 6対応でも、接続する無線LANルーターがWi-Fi 5対応なら、Wi-Fi 5の機能しか利用できないということだ。

Wi-Fi 6で接続するには、無線LANルーターの対応も求められる。写真はエレコムのWi-Fi 6対応無線LANルーター「WRC-X3000GS」
Wi-Fi 6で接続するには、無線LANルーターの対応も求められる。写真はエレコムのWi-Fi 6対応無線LANルーター「WRC-X3000GS」
[画像のクリックで拡大表示]

 無線LANが使用する周波数帯も整理しておこう。現在は5GHz帯と2.4GHz帯を使用しており、5GHz帯に対応する機器は2.4GHz帯にも対応している。一方で、古い機器や安価な機器の中には、2.4GHz帯しか利用できないモデルも少なからず存在する。2.4GHz帯だけに対応する機器は、総じて通信速度が低い。2.4GHz帯にしか対応していない無線LANルーターを使っていたら、5GHz帯にも対応する製品に買い替えたほうがいいだろう。