全2834文字

 「2度、大きなシステム障害を起こした。老朽化したシステムの問題に加えリスク管理、障害対応、IT人材の育成、経営のイニシアチブにも課題があった。プロジェクトはそうした経営課題を乗り越えるための取り組みだった」。2020年8月下旬にオンラインセミナーとして開いた日経BP主催のIT経営フォーラム「IT Japan 2020」での講演で、みずほフィナンシャルグループのグループCIO(最高情報責任者)である石井哲専務はそう振り返った。

 14回目を迎えたIT Japan Award。グランプリを受賞したみずほFGは、20年の歳月をかけた勘定系システム刷新プロジェクトを完遂し、2019年7月に新システムを全面稼働させた。

 準グランプリは作業服専門チェーンのワークマンが受賞。正確な需要予測と独自の発注システムが支えとなり、新業態の立ち上げに成功した。特別賞はエルピクセル、東京都、日本生命保険。エルピクセルはAIを使った医療用画像解析ソフトウエアを製品化した。東京都は新型コロナウイルス対策サイトを1週間で開発。日本生命は経営トップが主導しDXに取り組む。

 IT Japanでは、みずほFGのほかワークマンと日本生命が受賞企業講演を行った。IT Japan Awardは日経コンピュータが2007年に創設した。優れたIT活用事例に光を当てノウハウを共有するのが狙い。今回の審査対象は2019年5月から2020年5月に日経コンピュータと日経クロステックに掲載した事例だ。

みずほフィナンシャルグループ

空前絶後のプロジェクト、完全な新規開発を完遂

 新勘定系システム「MINORI」の構築にあたって、みずほFGは4000億円台半ばの巨額を投じた。これは東京スカイツリーの建設費7本分に相当する。開発規模は35万人月に達する。参加したITベンダーの数も、前代未聞の規模に膨れ上がった。取りまとめ役であるみずほ情報総研の1次委託先だけで70〜80社。2次委託先、3次委託先を合わせると約1000社に上る。

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長
みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長
(撮影:北山 宏一)
[画像のクリックで拡大表示]

 巨大プロジェクトになったのは勘定系を全面再構築していたからだ。今の銀行システムの原型といえる「第3次オンライン」が稼働した1980年代後半以降、大手銀行が勘定系システムを全面再構築した例は無かった。

 MINORIは完全な新規開発だ。旧みずほ銀行や旧みずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行のシステムからはコードを一切引き継いでいない。しかもSOA(サービス指向アーキテクチャー)を全面的に採用した。アプリケーションをコンポーネント化(部品化)することでシステム変更の柔軟性を保ち、保守性を高めるのが狙いだ。

プロジェクト管理に万全の体制

 ピーク時で約8000人が関わった世界最大級の案件だけに、みずほFGはプロジェクト管理に特に気を配った。傘下の銀行やシステム開発会社に横ぐしを刺す横断組織を設け、会社や部門間の利害対立を調整し、全体最適の視点で意思決定を下した。

 プロジェクトの司令塔が「次期システムプロジェクト統括会議」だった。みずほFGの坂井辰史社長をトップに、みずほ銀行の頭取やみずほ信託銀行の社長らが参加し月1回の頻度で開いた。MINORIに関する事実上の最高意思決定機関であり、経営会議の直前に開催するのが通例だったという。

 万全の体制で臨んだが、それでも開発完了時期を2回延期せざるを得なかった。1度目は2014年初め。2016年3月としていた開発完了時期を2016年末に9カ月間遅らせた。2度目は総合テストの終了が見えてきた2016年11月のことだった。新システムへの移行に際しては、週末にATMなどを停止させた回数は計9回。移行に要した期間は丸1年に及んだ。こうして空前絶後のプロジェクトは完遂した。

2度にわたって完了時期を延期
2度にわたって完了時期を延期
図 「MINORI」の開発スケジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 「世界最大規模のシステム統合・再構築プロジェクトをやり遂げた。過去2度の大規模なシステム障害を克服し、デジタルの時代に向けた全社のIT基盤を整備したことを高く評価したい。プロジェクトを通じてIT人材が育った点も、システム刷新以上の価値がある」。IT Japan Award審査委員長である大和田尚孝 日経BP総研上席研究員はそう評価する。

ワークマン

データ経営で新業態に進出、快走支える「善意型SCM」

 「分析力向上を人事制度に取り入れるなどデータ精度を高める努力を続け、取引先とウィンウィンの関係を築いた。デジタル時代をリードする優秀な企業」(審査委員の菊川裕幸 日本情報システム・ユーザー協会専務理事)。

 準グランプリは作業服専門チェーンのワークマンが受賞した。同社は2018年9月にアウトドアウエアを扱う新業態「WORKMAN Plus」を立ち上げると、たちまち大人気になった。長年培ったデータ活用のノウハウと、それを基にしたユニークな取引形態を新業態にも持ち込み成功したのだ。

WORKMAN Plus店舗
WORKMAN Plus店舗
(出所:ワークマン)
[画像のクリックで拡大表示]

 IT Japanで講演した土屋哲雄専務は「データ経営で新業態に進出するという戦略を実現できた」と語る。CIOを務める土屋専務は、WORKMAN Plusの仕掛け人だ。

ワークマンの土屋哲雄専務
ワークマンの土屋哲雄専務
[画像のクリックで拡大表示]