全505文字
PR

 ゆうちょ銀行は2020年9月16日、即時振替サービスと「ドコモ口座」などのキャッシュレス決済サービスを使って不正出金された金額が、これまでに確認された分の合計で109件1811.1万円になったと発表した。同日開いた会見でゆうちょ銀行の田中進代表執行役副社長は、「預金者の皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

ゆうちょ銀行が9月16日に発表した、事業者別の被害状況
事業者名サービス名ゆうちょ銀行の口座登録や
チャージ停止有無
被害件数被害金額登録数
(累計)
ウェルネット支払秘書停止調査中調査中6135件
NTTドコモドコモ口座停止82件1546万円13万6909件
KyashKyash停止3件23万円5284件
ビリングシステムPayB停止なしなし2万9732件
ファミマデジタルワンFamiPay停止していないなしなし2万3753件
pringpring停止していないなしなし1万7115件
PayPalペイパル停止2件1万円52万4442件
PayPayPayPay停止17件141.5万円453万785件
メルペイメルペイ停止3件49.8万円73万7905件
ゆめカードゆめか停止なしなし484件
LINE PayLINE Pay停止2件49.8万円227万6824件
楽天Edy楽天Edy停止なしなし5万1046件
(出所:ゆうちょ銀行)

 被害にあった中で件数と金額が最も多いのはNTTドコモのドコモ口座で、82件1546万円だった。このほかPayPayで17件141.5万円、メルペイで3件49.8万円、LINE Payで2件49.8万円、Kyashで3件23万円、PayPalで2件1万円の被害がそれぞれ確認されている。

 また、ゆうちょ銀行の口座と連携する12事業者のうち、9月16日時点で10事業者との新規口座登録やチャージを停止しているとした。停止したのは上記6事業者のほか、ウェルネット(サービス名は「支払秘書」)、楽天Edy、ビリングシステム(同「PayB」)、ゆめカード(同「ゆめか」)。ウェルネットは不正出金の被害について「調査中」としており、楽天Edy、ビリングシステム、ゆめカードは現時点で被害が確認されていない。