全4615文字

隠しファイルが内蔵ストレージの容量を占めていないかを確認

 これまでに説明してきた設定などを見直しても、内蔵ストレージがひっ迫したままという場合、「hiberfil.sys」や「pagefile.sys」といった隠しファイルを確認したい。これらのファイルが非常に大きなサイズに膨れ上がっており、内蔵ストレージの容量を占めている可能性がある。ディスクのクリーンアップなどでは対処できないので、個別に対処する。どちらのファイルも、環境によっては必要なものなので注意して作業しよう。

エクスプローラーで隠しファイルとシステムファイルを表示するようにすると、Cドライブ配下に「hiberfil.sys」と「pagefile.sys」が表示される。容量を確認すると、数Gバイトになっていることがある
エクスプローラーで隠しファイルとシステムファイルを表示するようにすると、Cドライブ配下に「hiberfil.sys」と「pagefile.sys」が表示される。容量を確認すると、数Gバイトになっていることがある
[画像のクリックで拡大表示]

hiberfil.sysをコマンド プロンプトから削除する

 「hiberfil.sys」(ハイバネーションファイル)は、パソコンを休止状態にする際にメモリー内のデータを一時的に記録するファイルだ。開いているアプリなどの状態を記録するので、休止状態からの復帰が早くなるというメリットがある。ただハイバネーションファイルは数Gバイトになるため、休止状態で運用しないのであれば削除しておいたほうがいいだろう。削除するとパソコンの休止状態からの復帰が遅くなるので、自分の環境に合わせて削除するかどうかを決めよう。

 ハイバネーションファイルを削除するには、コマンド プロンプトから操作する。この操作は管理者権限が必要になるので、管理者としてサインインしてから操作しよう。

スタートメニューで「コマンド プロンプト」を右クリックし、「その他」→「管理者として実行」をクリックする
スタートメニューで「コマンド プロンプト」を右クリックし、「その他」→「管理者として実行」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
コマンド プロンプトに「powercfg /H off」と入力し、Enterキーを押す。これでハイバネーションファイルが無効になり、削除される。あらためて有効にするには、「off」の部分を「on」に変更する
コマンド プロンプトに「powercfg /H off」と入力し、Enterキーを押す。これでハイバネーションファイルが無効になり、削除される。あらためて有効にするには、「off」の部分を「on」に変更する
[画像のクリックで拡大表示]

pagefile.sys(ページング ファイル)を削除する

 「pagefile.sys」(ページング ファイル)とは、仮想メモリーが有効になっている場合に、ハードディスクの領域をメモリーの代わりにするためのファイルだ。アプリの大量起動などにより物理メモリーが不足した場合、物理メモリーのデータをハードディスクに保存する際に使う。ただしパソコンが十分な物理メモリーを搭載しているのであれば、ページング ファイルのメモリーはあまり使用しない。そのため大量のアプリを起動しないのであれば、ページング ファイルを削除しても問題ないだろう。

スタートボタンを右クリックして「システム」をクリック。表示された画面を下にスクロールさせ、「関連設定」の「システム情報」をクリックする。システム画面が表示されるので、「システムの詳細設定」をクリックする
スタートボタンを右クリックして「システム」をクリック。表示された画面を下にスクロールさせ、「関連設定」の「システム情報」をクリックする。システム画面が表示されるので、「システムの詳細設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
システムのプロパティが表示されるので、「詳細設定」タブを開く。「パフォーマンス」の「設定」をクリックする
システムのプロパティが表示されるので、「詳細設定」タブを開く。「パフォーマンス」の「設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
パフォーマンス オプションの「詳細設定」タブの「仮想メモリ」にある「変更」をクリックする
パフォーマンス オプションの「詳細設定」タブの「仮想メモリ」にある「変更」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「仮想メモリ」が表示されるので、「すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外し、Cドライブが選択されていることを確認する。「ページング ファイルなし」を選択し、「設定」をクリックしてさらに「OK」ボタンをクリックする。設定が完了したら、パソコンを再起動するとページング ファイルが削除される
「仮想メモリ」が表示されるので、「すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外し、Cドライブが選択されていることを確認する。「ページング ファイルなし」を選択し、「設定」をクリックしてさらに「OK」ボタンをクリックする。設定が完了したら、パソコンを再起動するとページング ファイルが削除される
[画像のクリックで拡大表示]
岩渕 茂(いわぶち しげる)
ライター。IT関連の雑誌や書籍などの執筆をメインに活動する。近年は大手メーカーのウェブ媒体でもライティングを行う。ライターだけでなく、映像製作の方面でも活動中。