全3222文字

「システムの復元」で正常に動作していた時点に復元する

 「システムの復元」は、定期的に作成される復元ポイントの時点までパソコンの状態を戻せる機能だ。この機能を使えば、どのドライバーや更新プログラムが原因なのか不明であっても、正常に動作していた時点の状態へ切り戻すことにより修復できる。ただしシステムの復元を使うと、復元した時点より後にインストールしたアプリ、ドライバー、更新プログラムが削除されるという弊害がある。システムの復元を使う場合は、作業の前にセーフモードを起動して重要なデータをすべて退避させてから実施すべきだろう。

 なおシステムの復元を使うには、システムの復元機能が有効に設定されている必要がある。Windows 10を搭載したパソコンの中には、システムの復元がデフォルトで無効に設定されているものがある。無効になっている場合は、ここで解説する方法を使えない可能性がある。

「Windows回復環境」で詳細オプション画面を開いたら、「システムの復元」をクリックする
「Windows回復環境」で詳細オプション画面を開いたら、「システムの復元」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
アカウントの選択画面が表示されるので、復元するアカウント名をクリックする。次の画面で、ローカルアカウントならパソコンにサインインするパスワード、MicrosoftアカウントならMicrosoftアカウントにサインインするパスワードを入力する
アカウントの選択画面が表示されるので、復元するアカウント名をクリックする。次の画面で、ローカルアカウントならパソコンにサインインするパスワード、MicrosoftアカウントならMicrosoftアカウントにサインインするパスワードを入力する
[画像のクリックで拡大表示]
「システムの復元」ウィザードが表示されたら「次へ」をクリックする
「システムの復元」ウィザードが表示されたら「次へ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
復元する日時を選択する。「影響を受けるプログラムの検出」をクリックすると、復元により影響を受けるアプリを確認できる。復元ポイントを選択したら「次へ」をクリックする
復元する日時を選択する。「影響を受けるプログラムの検出」をクリックすると、復元により影響を受けるアプリを確認できる。復元ポイントを選択したら「次へ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
復元ポイントの日時を確認し、問題なければ「完了」をクリックする。表示される警告メッセージの「はい」をクリックすると復元を開始する。復元が実行され、完了すると再起動してWindowsが起動する
復元ポイントの日時を確認し、問題なければ「完了」をクリックする。表示される警告メッセージの「はい」をクリックすると復元を開始する。復元が実行され、完了すると再起動してWindowsが起動する
[画像のクリックで拡大表示]
岩渕 茂(いわぶち しげる)
ライター。IT関連の雑誌や書籍などの執筆をメインに活動する。近年は大手メーカーのウェブ媒体でもライティングを行う。ライターだけでなく、映像製作の方面でも活動中。