全2970文字
PR

 徳島県上勝町に2020年5月、オープンしたごみの分別回収所を中心とする複合施設だ。NAP建築設計事務所代表の中村拓志氏は、構造設計者の山田憲明氏との協働で、特徴的なプランとともに丸太を無駄なく使う方法を考え出した。

 徳島県上勝町は2003年、ごみゼロを目指し、自治体として日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を行った。生ごみは各家庭で堆肥化、他は徹底した分別回収により、ごみの再利用や再資源化に町を挙げて取り組む。

 町は宣言時、すでにごみの34分別を行っていた。16年以降は45分別と、さらに細分化。町民は各家庭でごみを分別してごみステーションに運び、まだ使えるものは併設のリユースショップに持ち込む。こうした日常生活により、町全体ではリサイクル率80%を達成している。

 「上勝町ゼロ・ウェイストセンター」は、そのごみステーションを利用しやすく一新するだけではなく、町民の交流や憩いの場を加え、さらに、ゼロ・ウェイストの理念を広める拠点として整備された。設計を手掛けたのは、NAP建築設計事務所(東京・港、中村拓志代表)だ。

馬てい形の平面は、車で来て、ごみを出し、車で帰るという町民の行動を考慮して生まれた。広場からは45種類に分別されたごみのストックヤードを一望できる。町の補助により、各家庭に電動の生ごみ処理機があり、生ごみは持ち込まれないので、嫌な臭いはしない(写真:生田 将人)
馬てい形の平面は、車で来て、ごみを出し、車で帰るという町民の行動を考慮して生まれた。広場からは45種類に分別されたごみのストックヤードを一望できる。町の補助により、各家庭に電動の生ごみ処理機があり、生ごみは持ち込まれないので、嫌な臭いはしない(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
ごみステーションには職員が常駐し、町民の分別を手伝う。ごみの入れ物にはそれぞれ、そのごみをリサイクルすると町にお金がいくら入るか、出ていくかが表示されている(写真:生田 将人)
ごみステーションには職員が常駐し、町民の分別を手伝う。ごみの入れ物にはそれぞれ、そのごみをリサイクルすると町にお金がいくら入るか、出ていくかが表示されている(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]

作業効率を優先した形

 建物は、ごみの分別・保管・再生を行うゼロ・ウェイスト棟と、視察者や観光客のためのホテル棟から成る。どちらも木造だ。疑問符「?」を描く平面形は、町民が効率的にごみを出せることや利便性を考えた結果、生まれた。

 ゼロ・ウェイスト棟は馬てい形の平面部分に、ごみの分別・保管・再生を行う場所を順に連ねている。同時に、ごみを出すという町民のプライバシーを視察者がいても守れるように、町民の動線は馬てい形の内側、視察者は外側に分けた。町民は車をごみステーションの前に止め、家から運んできたごみを出し、終わったら車で広場をぐるりと回って帰れる。

 ゼロ・ウェイスト棟は、丸太を太鼓落としにしたものと半割りにしたものを構造材に使用。馬てい形の内側の柱は深い軒を支えつつ、徐々に脚の位置がずれていく。中村氏が構造設計者の山田憲明氏(山田憲明構造設計事務所代表、東京・品川)との協働で生み出した架構だ。

 中村氏は設計行為もゼロ・ウェイストの観点から見直したいと考え、ごみの発生を抑えるために、上勝産のスギを丸太に近い状態で構造に用いた。

芝生広場は「かつて野焼きが行われていたことを記憶にとどめるもの」と中村氏。壁面には町内で集めた古い建具をパッチワーク状に取り付けた。ゼロ・ウェイスト棟で400枚、ホテル棟で140枚を使用(写真:生田 将人)
芝生広場は「かつて野焼きが行われていたことを記憶にとどめるもの」と中村氏。壁面には町内で集めた古い建具をパッチワーク状に取り付けた。ゼロ・ウェイスト棟で400枚、ホテル棟で140枚を使用(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
配置・平面図  ①まだ使えるもの ②生ごみ(事業系) ③アルミ缶 ④スチール缶 ⑤スプレー缶 ⑥金属製キャップ ⑦雑金属 ⑧新聞紙・チラシ ⑨段ボール ⑩雑誌・雑紙 ⑪紙コップ ⑫紙パック(銀) ⑬紙パック(白) ⑭硬い紙芯 ⑮シュレッダーくず ⑯その他の紙 ⑰衣類・カーテン・毛布 ⑱その他の布類 ⑲ライター ⑳廃食油 ㉑その他のプラスチック ㉒プラスチック製容器包装 ㉓ペットボトル ㉔プラスチック製キャップ ㉕白トレイ ㉖トレイ以外の発泡スチロール ㉗透明瓶 ㉘茶色瓶 ㉙その他の色瓶 ㉚一升瓶・ビール瓶 ㉛陶磁器類・ガラス類 ㉜電球・蛍光灯 ㉝廃バッテリー ㉞廃タイヤ ㉟割り箸・木竹製品 ㊱粗大ごみ(木製) ㊲粗大ごみ(金属製) ㊳粗大ごみ(布団・じゅうたん・カーペット・畳) ㊴粗大ごみ(塩ビ製品・ゴム製品) ㊵どうしても燃やさなければいけないもの ㊶紙おむつ・生理用品・ペットシート ㊷どうしても埋めなければいけないもの ㊸鏡・水銀体温計 ㊹乾電池 ㊺特定家電製品
配置・平面図  ①まだ使えるもの ②生ごみ(事業系) ③アルミ缶 ④スチール缶 ⑤スプレー缶 ⑥金属製キャップ ⑦雑金属 ⑧新聞紙・チラシ ⑨段ボール ⑩雑誌・雑紙 ⑪紙コップ ⑫紙パック(銀) ⑬紙パック(白) ⑭硬い紙芯 ⑮シュレッダーくず ⑯その他の紙 ⑰衣類・カーテン・毛布 ⑱その他の布類 ⑲ライター ⑳廃食油 ㉑その他のプラスチック ㉒プラスチック製容器包装 ㉓ペットボトル ㉔プラスチック製キャップ ㉕白トレイ ㉖トレイ以外の発泡スチロール ㉗透明瓶 ㉘茶色瓶 ㉙その他の色瓶 ㉚一升瓶・ビール瓶 ㉛陶磁器類・ガラス類 ㉜電球・蛍光灯 ㉝廃バッテリー ㉞廃タイヤ ㉟割り箸・木竹製品 ㊱粗大ごみ(木製) ㊲粗大ごみ(金属製) ㊳粗大ごみ(布団・じゅうたん・カーペット・畳) ㊴粗大ごみ(塩ビ製品・ゴム製品) ㊵どうしても燃やさなければいけないもの ㊶紙おむつ・生理用品・ペットシート ㊷どうしても埋めなければいけないもの ㊸鏡・水銀体温計 ㊹乾電池 ㊺特定家電製品
[画像のクリックで拡大表示]