全2536文字
PR

 艸建築工房(高知市)は、木造3階建ての校舎を大判のCLT(直交集成板)を用いて実現した。CLTは幅2.2m。床面には長さが最大11m、長方形平面の短辺方向の壁には長さ11.5mのCLTを3層通しで使用した。一方、長辺方向の壁には木造軸組み工法を採用。柱や筋交いが意匠に表れている。

 2020年4月に開学した「高知学園大学」。高知県初となる木造3階建ての校舎は、高知学園の広大な敷地で短期大学の校舎に隣接して立つ。

 学園側は当初、鉄筋コンクリート造を考えていた。設計を手掛けた艸建築工房代表の横畠康氏は、大学が管理栄養士や臨床検査技師を養成すること、学生の精神面への効果を考えて木造を提案した。建築基準法改正で15年6月から、3階建て校舎が1時間準耐火構造で建てられるようになったことが背景にある。国土交通省の「サステナブル建築物等先導事業」に選ばれている。

敷地は小高い丘の上にあり、北側に住宅地が広がる。木造校舎が町の風景に寄与することを狙い、北面は外からガラス越しに柱と筋交いが見えるようにした。内部は、1日を通して明るさが安定している北側に教室と実習室を配置した(写真:艸建築工房)
敷地は小高い丘の上にあり、北側に住宅地が広がる。木造校舎が町の風景に寄与することを狙い、北面は外からガラス越しに柱と筋交いが見えるようにした。内部は、1日を通して明るさが安定している北側に教室と実習室を配置した(写真:艸建築工房)
[画像のクリックで拡大表示]

約12mのCLTを3層通しで

 CLTは床面と、長方形平面の短辺方向の壁面に使った。後者は両側の妻面と、中ほどの2カ所で耐力壁となる。一方、長辺方向は在来軸組み工法で、主に筋交いによる耐力壁とした。

 構造の仕組み 
パネル工法と軸組み工法を組み合わせ

短辺方向はCLTパネル工法、長辺方向は在来軸組み工法と、構造の考え方を変えている。CLTは両妻のほか、実習準備室の両側のX5通りとX6通りに立てた。一方、Y4通りと階段室のまわりは210mm角の柱を1mピッチで並べた。梁せいは700mmで、この上に90mm厚のCLTパネルを載せる形で固めている

シンプルな平面構成で大判CLTを生かす
シンプルな平面構成で大判CLTを生かす
3階平面図
[画像のクリックで拡大表示]
2階平面図
2階平面図
[画像のクリックで拡大表示]
1階平面図
1階平面図
[画像のクリックで拡大表示]
Y4通り軸組み図
Y4通り軸組み図
[画像のクリックで拡大表示]
2~3階CLT床割り付け図
2~3階CLT床割り付け図
[画像のクリックで拡大表示]
平面構成は3層ともほぼ同じ。CLTの床割り付けでは強軸・弱軸方向を考慮。実習室の床は、最も大きなモーメントがかかる部分に継ぎ手が重ならないように割り付けた(資料:桜設計集団構造設計室)
A-A'断面図
A-A'断面図
[画像のクリックで拡大表示]
CLT耐力壁詳細図
CLT耐力壁詳細図
[画像のクリックで拡大表示]
耐力壁は、2枚のCLTパネルが一体に動いてせん断力を伝えるように、比較的太めのボルトで締めている。田井氏は「ボルト締めがなかったら自立できていなかったのではないかと思う」と話す(資料:桜設計集団構造設計室)