全4970文字
PR

ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン)や同Daimler(ダイムラー)が、“ビークルOS"と呼ばれる独自の車載ソフトウエア基盤を整備している。クルマの競争の舞台が「ソフト」や「サービス」に変わってきたことを象徴する動きだが、一方で「ハード」も大きく変わりそうだ。“ビークルOS"を駆動する統合ECU(電子制御ユニット)の領域で半導体メーカーの主導権争いが激化している。

 ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)は、統合ECU(電子制御ユニット)向けの半導体にルネサスエレクトロニクスのチップを選択した。一方、同Daimler(ダイムラー)は米NVIDIA(エヌビディア)のチップを選んだ。これは統合ECUに対する両社の思想に違いがあるからだ。VWは段階的にECUの機能を統合していく持続的アプローチであり、ダイムラーは一気に統合を進める米Tesla(テスラ)のような革新的アプローチを採る。この違いが、半導体の選択にも表れている。

 VWは、2020年9月に欧州で納車を始めた新型電気自動車(EV)「ID.3」に、「ICAS1(In-Car Application Server 1)」と呼ぶ統合ECUを搭載している。ICAS1はドイツContinental(コンチネンタル)が供給し、心臓部にはルネサスの車載SoC(System on Chip)「R-Car M3」を採用する(図1)。一方、ダイムラーは24年に発売する自動運転車のコンピューティング基盤にエヌビディアの車載SoC「Orin(オーリン)」を採用すると20年6月に発表した(図2)。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 VWの「ID.3」にルネサスの車載SoC
(a)VWの新型EV「ID.3」はコンチネンタルの統合ECUを搭載する。(b)ルネサスの車載SoC「R-Car M3」は統合ECUの心臓部となるチップである。(出所:VW、ルネサス)
図2 ダイムラーはエヌビディアと提携
図2 ダイムラーはエヌビディアと提携
ダイムラーは24年に発売する自動運転車の統合ECUに、エヌビディアのSoC「Orin」を搭載する。(出所:ダイムラー)
[画像のクリックで拡大表示]

 いずれも“ビークルOS"を搭載し、OTA(Over The Air)によるソフト更新によって、車両販売後も継続的に機能を追加・改善する。

 “ビークルOS"はパソコンやスマホのOSと同様、基本的にハードウエア依存性がなく、SoCを自由に切り替えられる。半導体メーカーの競争が激化しているのは、このためだ。さらに、この機をとらえ、スマホ市場の厳しい競争を勝ち抜いた強豪のSoCメーカーが続々とクルマ市場に参入している。車載SoCは今や大競争時代に突入したのだ。