全3878文字
PR

ドイツBMWは自動運転システムの半導体構成を示した。レベル1~5の各システムとも、米Intel(インテル)/イスラエルMobileye(モービルアイ)の半導体を多用する。オーストリアTTTech Autoが2020年4月に開催したイベント「The Autonomous」でBMW Principal Expert of Autonomous Driving TechnologiesのSimon Furst氏が明かした。

 ドイツBMWは2021年に同社初となるレベル3の自動運転車「iNEXT」を市場投入する(図1)。iNEXTのセンサーやECU(電子制御ユニット)といったシステム構成は「CES 2020」で発表済みだが、今回はECU内部の半導体構成まで示した点で注目できる。

図1 BMW初のレベル3自動運転車「iNEXT」の試作車
図1 BMW初のレベル3自動運転車「iNEXT」の試作車
2021年の市場投入を目指す。(出所:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動運転に必要な認識処理にイスラエルMobileye(モービルアイ)のSoC(System on Chip)「EyeQ5」を使いつつ、全体制御用のプロセッサーとして米Intel(インテル)のSoC「Denverton(開発コード名)」を組み合わせる(図2)。BMWは16年に自動運転車の開発でインテル、モービルアイと提携しており、その関係を生かした構成といえる。

図2 BMWが示す自動運転システムの半導体構成
図2 BMWが示す自動運転システムの半導体構成
モービルアイのEyeQシリーズや、インテルのDenvertonを多用する。レベル2の自動運転システムは、レベル3~5のバックアップ機能としても使われる。(出所:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]