全3627文字
PR

 米Apple(アップル)が2020年10月13日(米国時間)に開催したイベントで、iPhoneの新モデルを発表した。2020年に発表したのは4機種。iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12とiPhone 12 miniだ。

米AppleのiPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Pro
米AppleのiPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Pro
(出所:米Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

デザイン一新、Proは最も高級感があるスマホだ

 僕がまず注目したのは一新されたデザインである。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはステンレススチールのボディーを採用しており非常に美しい。デザインは好みで左右されるが、個人的には全てのスマホの中で最も高級感のある作りだと感じる。

 iPhone 12とiPhone 12 miniのフレームはアルミニウム製だ。パステルなカラーを含む全5色が用意されており、若々しくおしゃれだという印象を受ける。

 僕は、新しいデザインによってよりiPhoneのブランド力が向上したと思っている。この展開はApple Watchとも共通する。上位モデルはステンレススチールで、普及価格帯はアルミニウムを採用する。見た目の印象も近い。

 スマホのコモディティー化が進む中で、iPhoneは機能性能の前に強いブランド力を打ち出そうとしていると感じる。すてきなスマホが欲しいと考える人は、まずiPhone 12 Proシリーズが頭に浮かぶようになるはずだ。

iPhone 12とiPhone 12 mini
iPhone 12とiPhone 12 mini
(出所:米Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 4機種ともCPUはA14 Bionicである。スマホ最速を標榜するチップだが、体感上の速度はA13 Bionicと大差ないと予想する。その価値を感じられるのは、2~3年後でも快適に使えるであろうこと。また後述するカメラ関連の機能が大きく向上している点だ。今後、実機を操作して体感上のレスポンスが明らかに向上していたら、また報告したい。

 ストレージはiPhone 12 Proシリーズが128Gバイト/256Gバイト/512Gバイトの3種類。iPhone 12シリーズが64Gバイト/128Gバイト/256Gバイトの3種類である。いずれも順当だ。