全1843文字
PR

 IPv4アドレスがほぼ枯渇し、本格的なIPv6の導入が始まってから久しい。IPv6の基本仕様が作られたのは20年以上前になるが、IPv6を取り巻く環境は激しく変化しており、それに伴って新たな技術も登場している。IPv6の普及状況や基本的な仕組みに加え、OSの対応状況、企業に導入する際のポイント、5Gのコアネットワークで使われる最新技術「SRv6」などについて解説する。

 IPv6では管理者の手間をなるべく減らすため、アドレス割り当ての自動化を仕様に取り込んだ。その際には、DHCPサーバーのようなアプリケーションレイヤーの装置を使わず、ネットワークレイヤー(レイヤー3)のルーターだけでアドレスを設定できるのが理想とされた。その結果、IPv6では「SLAAC」というアドレス自動割り当ての仕組みが採用された。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
IPv6アドレスの割り当て方式
IPv6アドレスの割り当て方式
下の表は東京工業大学の北口 善明氏の資料に基づき作成した。
[画像のクリックで拡大表示]

 SLAACでは、ルーターがIPv6アドレスの前半部分であるプレフィックスをクライアントに配布する。プレフィックスの配布に使われるプロトコルは「ルーター広告(RA)」と呼ばれる。後半部分のインターフェースIDはクライアントが自動で生成する。