全3152文字

 鉄道、バス、タクシーといった公共交通のターミナルを官民連携で整備する「バスタプロジェクト」が、アフターコロナの新しいビジネスチャンスになるかもしれない。法改正によって、コンセッション方式も導入できるようになった。設計・施工のみならず、運営や維持管理まで含めた民間活用の新たな領域となる可能性を秘める。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い