全3594文字

 画期的な未来都市をつくる目的で動き出した国の「スーパーシティ」構想に、31の自治体グループが応募した。しかし、国のワーキンググループは2021年8月、「大胆な規制改革の提案が乏しい」と厳しい評価を下し、全グループに再提案を求めた。住民合意とマネタイズ(収益化)という高いハードルがある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い