全2875文字

 米Facebook(フェイスブック)は、仮想空間に没入するVR(Virtual Reality)とともに、現実空間に仮想の物体や情報を重ねて表示し、現実を拡張するAR(Augmented Reality)に注力している。いまだ理想には遠いが、5つの壁を打ち破る研究開発にまい進する。とりわけ重要なのは、キラーアプリの確立だ。「コミュニケーション」やEC(電子商取引)、地図などが鍵を握るとみて、力を注いでいる。

 2020年9月に開催したオンラインイベントで、イタリアの大手眼鏡メーカーLuxottica(ルックスオティカ)との提携を発表した。同社の著名ブランド「Ray-Ban(レイバン)」のARグラスを21年に製品化すると宣言し、話題をさらった。Facebookが、日常的に利用する一般消費者用途でARを普及させたい意図を明確にした格好だ。

FacebookはLuxotticaと提携し、21年にARグラスを発売する
FacebookはLuxotticaと提携し、21年にARグラスを発売する
(出所:Facebookのイベント「Facebook Connect」の公式動画)
[画像のクリックで拡大表示]

 ARに関しては、AR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)と業務用ソフトウエアなどが製造現場や作業現場といったBtoB用途で既に採用されている。だが一般消費者用途、すなわちBtoC用途では一部のスマホ向けアプリやゲームでの利用にとどまる。「ARグラス」と呼ばれる小型・軽量のHMDを日常で身に着ける理想の未来は、まだ見えない。

 ARを一般消費者市場に広く浸透させるために、Facebookは5つの壁を乗り越える研究開発や企業買収などにまい進している。(1)キラーアプリの確立と(2)眼鏡並みに小型・軽量のARグラス、(3)周囲の環境を3次元(3D)データとして記録した3Dマップ、(4)プライバシー保護、そして(5)ARグラスとやり取りするユーザーインターフェース(UI)技術――である。

 とりわけ重要なキラーアプリの確立については、BtoB用途では比較的簡単だ。業務や作業に必要な情報をARグラスに表示させると、両手が空くので作業効率の向上につながる。つまり、情報の提示そのものがキラーアプリとなる。一方、難しいのがBtoC用途である。日常生活でニュースや天気、気温といった情報を提示するだけでは、とても役立ちそうにない。市場規模は、BtoCが圧倒的に大きいだろう。Facebookは今、BtoCのキラーアプリ開拓に血眼になっている。

 スマホ用ARでは、既にキラーアプリを見いだした。同社傘下の「Instagram(インスタグラム)」で利用できるARフィルター機能である。例えば「フェイスフィルター」と呼ぶ機能では、ARを使って顔の画像にさまざまな装飾や映像効果などを重ねられる。米Snap(スナップ)の会話アプリ「Snapchat(スナップチャット)」でも同種の機能が存在するものの、フィルターの利用はInstagramが圧倒的に多いとされる。それだけに、フィルターの種類が豊富だ。Facebookによれば、20年9月時点で既に120万種類を超えるARフィルターがあるという。

 Facebookは、「Spark AR Studio」といったフィルター製作ツールを17年から開発者に提供しており、フィルターを簡単に作れるように開発環境を整備している。現在、約190カ国で40万人のクリエーターが存在するという。そのうち、約55%が女性と過半を占める。

Spark AR Studioによって作製したフィルターの例
Spark AR Studioによって作製したフィルターの例
(出所:Facebookのイベント「Facebook Connect」の公式動画)
[画像のクリックで拡大表示]