アジャイル開発の普及に伴い、開発するシステムの大規模化が進んでいる。複数のアジャイルチームを束ねて1つのシステムを開発するようなプロジェクトも増えてきた。大人数でスムーズに開発を進めるには、1チームでの開発とは異なる体制が必要だ。事例を基に大規模アジャイルの勘所を説明する。