全3332文字
PR

 2021年秋に開催が予定される「三重とこわか国体」(体操・新体操・トランポリン・空手道およびサッカー)の会場計画だ。約28.5ha(28万5000m2)ある三重県四日市市の「中央緑地」全域を再整備する。

 ここにはもともと広い緑地のほかに、野球場やプールがあった。それらを解体し、新たにスポーツ施設をつくった。中核となるのが「四日市市総合体育館」だ。

 総合体育館内には、約3500人の観客席を持つアリーナや弓道場がある。さらに敷地には、陸上サブトラック、アメリカンフットボール場、ラグビー場をそれぞれ有するサッカー場が3面、そして850台(予定)分の駐車場を整備する。陸上競技場と第2体育館は、既存の施設をそのまま利用している。

 中央緑地の中心に立つ建築物は、市民の「活動と憩いの場」になる必要があった。周りに設ける広場や公園、屋外のスポーツ施設(フィールド)を結ぶ役割があるからだ。

 そこで中央緑地内の全施設をつなぐ弓形の大屋根を、総合体育館の前面に架けた。長さは170mある。この大屋根は深い軒を持つ、庇(ひさし)空間になっている。

多目的室の大屋根が全施設をつなぐ

 中央緑地全体の再整備を設計するに当たり、全てのスポーツフィールドが互いに関係性を持ち合う環境をイメージした。そして、「ここでしかできないコト」「ここにしかできない場所」をつくりたいと考えた。

 メインアプローチとなる敷地西側の国道1号から、北東にある近畿日本鉄道の新正(しんしょう)駅に抜ける「弓形プロムナード」を緑地内に走らせた。総合体育館にあるアリーナや弓道場、さらに複数の広場やスポーツフィールドが全て、弓形プロムナードからアクセスできるように配置している。前述の170mの大屋根は、弓形プロムナードに沿うように架かっている。

 再整備する中央緑地は、以前からここにあったことを感じさせるものでありたかった。それでいて、個性を発揮する。建築物やスポーツフィールドを取り巻く環境が一体になって、この場所が活性化されている状態を目指した。

 総合体育館はアリーナだけでなく、中央緑地全体の休憩所とロビーを兼ねた「スポーツフォーラム」、各スポーツフィールドと連携して利用できる「多目的室」、その屋上にある「スカイストリート」「スカイガーデン」などで構成している。

 ランドスケープは弓形プロムナードを介して、建築物と「市民ひろば」「芝生ひろば」、そしてスポーツフィールドが互いにつながりを持って広がっていく。

「三重とこわか国体・三重とこわか大会」の会場になる四日市市中央緑地に立つ「四日市市総合体育館」。工業都市である四日市市を連想する金属の大屋根と外壁が銀色に輝く(写真:走出 直道=エスエス)
「三重とこわか国体・三重とこわか大会」の会場になる四日市市中央緑地に立つ「四日市市総合体育館」。工業都市である四日市市を連想する金属の大屋根と外壁が銀色に輝く(写真:走出 直道=エスエス)
[画像のクリックで拡大表示]
中央緑地の全景。総合体育館を中核とし、ループ状に展開する170mある多目的室の大屋根から複数のスポーツフィールドに輪が広がるイメージ(写真:走出 直道=エスエス)
中央緑地の全景。総合体育館を中核とし、ループ状に展開する170mある多目的室の大屋根から複数のスポーツフィールドに輪が広がるイメージ(写真:走出 直道=エスエス)
[画像のクリックで拡大表示]
既存の樹木を残した「弓形プロムナード」から総合体育館を見る(写真:走出 直道=エスエス)
既存の樹木を残した「弓形プロムナード」から総合体育館を見る(写真:走出 直道=エスエス)
[画像のクリックで拡大表示]