全3231文字
PR

 2020年の新iPhone「iPhone 12」は、デザインを一新し5Gに対応するなど、大幅に変化した部分が多い。「iPhone 11」までのシリーズと比べどのような点が変化しているのだろうか。実際に購入して確かめてみた。

デザインやサイズがiPhone 11から劇的に進化

 2020年のiPhone 12シリーズは、従来モデルからデザインが一新され、新たに「iPhone 12 mini」を追加した4機種構成となり、全機種が5Gに対応するなど、話題性が高く発表直後から大きな注目を集めているようだ。新型コロナウイルスの影響により店頭イベントが減ったことで販売当日の盛り上がりはいまひとつという印象もあるが、筆者の周辺でも購入した人が多いようで、改めてiPhone人気を思い知らされた次第である。

 筆者も2019年のiPhone 11シリーズ購入を見送ったこともあり、今回はiPhone 12を購入した。正直に言ってしまえば事前予約でやや出遅れてしまい、当初狙っていた「iPhone 12 Pro」が発売日の購入に間に合わなかったことからiPhone 12を選んだ。ただ、ある意味で今回のラインアップの中では“ど真ん中”ともいえるモデルだけに、iPhone 12シリーズ全体の実力を知る上ではちょうどいいモデルともいえそうだ。

筆者が購入した「iPhone 12」。デザインはスクエアに変化し、有機ELの採用で薄型軽量になり、6.1インチながら片手でも持ちやすくなった(筆者撮影)
筆者が購入した「iPhone 12」。デザインはスクエアに変化し、有機ELの採用で薄型軽量になり、6.1インチながら片手でも持ちやすくなった(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずはiPhone 12の本体から確認していこう。iPhone 12シリーズはボディーデザインが大幅に変更され、側面がカーブした丸みのあるデザインから、「iPhone 4」から初代「iPhone SE」まで続いた、スクエアなボディーデザインに再び変更されている。それゆえ実際に手にすると、どことなく懐かしい印象も受ける。

 さらにiPhone 12は有機ELディスプレーの採用によって、iPhone 11と比べ薄さは7.4mmと1mm近く薄く、重量は162gと約30gも軽量化されている。スクエアなデザインと相まって、かなりスマートになった印象だ。

 ただこれまでiPhone XSを使っていた筆者からすると、ボディーがそこまで薄くなったという印象はなかった。これはiPhone XSも有機ELを採用しておりサイズ的に大きな違いがなかったことが影響している。それに加えて側面の丸みがなくなり、厚みを直接感じるデザインになったことも影響しているといえそうだ。

これまで使っていたiPhone XS(右)と並べて比べてみたところ。ディスプレーサイズの違いもありiPhone 12のほうがやや大きめだが、同じ有機ELを採用しているだけにサイズ感に大きな違いはない一方、デザインの違いから側面のフィット感はかなりの違いがある(筆者撮影)
これまで使っていたiPhone XS(右)と並べて比べてみたところ。ディスプレーサイズの違いもありiPhone 12のほうがやや大きめだが、同じ有機ELを採用しているだけにサイズ感に大きな違いはない一方、デザインの違いから側面のフィット感はかなりの違いがある(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、側面にアルミ素材、背面にガラス素材を用いた高級感のある素材感は維持されている。iPhone XR/11では気になったベゼルの厚さも、有機ELを採用したこともあってiPhone XSと同じくらいのサイズ感となり、かなり改善されたといえよう。

背面はガラス素材で、ポップなカラーながらも高級感を維持している(筆者撮影)
背面はガラス素材で、ポップなカラーながらも高級感を維持している(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]