全3093文字
PR

 米Apple(アップル)の最新スマホ「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」が2020年10月23日に日本で発売された。iPhoneとして初めて5G(第5世代移動通信システム)に対応した他、本体サイズや形状も変わっている。果たしてどのような進化を遂げたのか、実機を試したファーストインプレッションをお届けする。

アップルが発売した「iPhone 12」(撮影:山口 健太、以下同じ)
アップルが発売した「iPhone 12」(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

サイズは同じ、だが外装に違いあり

 全部で4機種が発表されたiPhone 12シリーズで、最初に発売されたのが「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の2モデルだ。画面はどちらも6.1型の有機ELを採用。本体の外形寸法は同じで、ケースも共通となっている。見た目は似ているが、外装やカメラ、細かなスペックの違いで差別化を図っている。

 新製品4機種の中で主力モデルと考えられるのがiPhone 12だ。前モデルのiPhone 11はディスプレーが液晶で画面周囲のベゼルもやや太かったが、iPhone 12は狭額縁になり、同じ6.1型でも本体サイズは一回り小さくなった。

 画面の最大輝度はiPhone 12が625ニト、iPhone 12 Proが800ニトとわずかに異なるものの、見た目にはほぼ判別がつかないレベルだ。

iPhone 12(左)とiPhone 12 Pro(右)。見た目はよく似ている
iPhone 12(左)とiPhone 12 Pro(右)。見た目はよく似ている
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 11 Proとの比較では、iPhone 12 Proは画面サイズが5.8型から6.1型に大きくなった。これに伴い、本体サイズも一回り大きくなっている。

本体サイズの比較。左からiPhone 11 Pro、iPhone 12、iPhone 12 Pro
本体サイズの比較。左からiPhone 11 Pro、iPhone 12、iPhone 12 Pro
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 12シリーズで変わったのは側面のデザインだ。丸みを帯びた形状ではなく、フラットになった。iPhone 12はマットな質感、iPhone 12 Proでは鏡面仕上げという違いがある。

iPhone 12(ブルー)はマットな質感。iPhone 12 Pro(シルバー)は鏡面仕上げ
iPhone 12(ブルー)はマットな質感。iPhone 12 Pro(シルバー)は鏡面仕上げ
[画像のクリックで拡大表示]

 重量はiPhone 12が162gであるのに対し、iPhone 12 Proは187gで手に持ってみると重みを感じる。重量と外装からiPhone 12 Proのほうが高級感があるものの、使っているうちに指紋や皮脂による汚れが目立つのは気になった。iPhone 12にはそうした問題はなさそうだ。