全3597文字
PR
(写真:伊藤朝輝)
(写真:伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年の新モデルとなる「iPhone 12 Pro」を「iPhone 11 Pro」からの乗り換えで購入した。iPhone 11 Proは今でも最先端の端末として通用するが、デザインの大幅変更やプロセッサーのアップデート、カメラ機能のアップなどに魅力を感じてiPhone 12 Proの購入を決意。新色「パシフィックブルー」の256GBモデルを発売日に入手した。

 iPhone 11 Proのカメラも十分すごいのだが、iPhone 12 Proを少し使ってみただけで、スマホのカメラ性能にはまだまだ上があることを体感した。今回はiPhone 12 Proのカメラ機能を中心にリポートしたい。

iPhone 12 ProとiPhone 11 Pro、見た目の違いは?

 初めにiPhone 12 ProとiPhone 11 Proの見た目や性能の違いなどを確認しよう。

 iPhone 12 Proはラインアップ構成からもiPhone 11 Proの後継になるのだが、ディスプレーサイズが5.8型から6.1型へと若干大型化し、本体サイズは少し拡大している。具体的にはiPhone 11 Proは「144.0mm×71.4mm×8.1mm(188g)」に対して、iPhone 12 Proは「146.7mm×71.5mm×7.4mm(187g)」だ。

 わずかな変化なので使い勝手は同じといってよいほど変わらない。今のところ大きくなって困ったということもない。デザインの変更により全体が角張ったので、初めは手に取ったときに違和感があり「丸いほうが薄く感じたかも」と思ったのだが、1〜2日経過すると「こっちのほうが薄い」と手触りで感じられるようになった。ディスプレー面と側面に段差がないため、薄くて平らな板を持っているようだ。ケースなしで使いたいのが本音だ。

 ディスプレーのアスペクト比は同じままで5.8型から6.1型になっている。約1.05倍に拡大されているわけなので、同じ倍率でiPhone 11 Pro本体の縦横を拡大すると「151.4mm×75.1mm」になるはずである。だがiPhone 12 Proはそこまで大きくはない。

 少し考えて、側面から丸みがなくなり平らになったことで、ディスプレーを本体サイズのギリギリまで広げられたのだと気づいた。

「iPhone 11 Pro」(左)と「パシフィックブルー」の「iPhone 12 Pro」(右)を正面から見たところ。並べると縦に少し伸びていることが分かる。ただし厚さが0.7mm薄くなっており、ケースに入れずに手にすると厚みの変化は分かる。重さも1g軽くなっている
「iPhone 11 Pro」(左)と「パシフィックブルー」の「iPhone 12 Pro」(右)を正面から見たところ。並べると縦に少し伸びていることが分かる。ただし厚さが0.7mm薄くなっており、ケースに入れずに手にすると厚みの変化は分かる。重さも1g軽くなっている
(写真:伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 12 Pro(左)の側面は、iPhone 11 Pro(右)と同様に光沢のあるステンレススチール素材だが、平面と曲面の違いから光の反射が変わり異なる印象を受ける
iPhone 12 Pro(左)の側面は、iPhone 11 Pro(右)と同様に光沢のあるステンレススチール素材だが、平面と曲面の違いから光の反射が変わり異なる印象を受ける
(写真:伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]
背面は、iPhone 11 Pro(左)と同様にiPhone 12 Pro(右)でもマットなガラス素材が用いられているが、平面になったことから全体的にシンプルに見える
背面は、iPhone 11 Pro(左)と同様にiPhone 12 Pro(右)でもマットなガラス素材が用いられているが、平面になったことから全体的にシンプルに見える
(写真:伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 搭載されているプロセッサーは、iPhone 11 Proが「A13 Bionic」、iPhone 12 Proでは1世代新しい「A14 Bionic」となり、処理速度が全体的に大きく向上している。

 ただし筆者が普段使いしている中ではiPhone 12 Proが劇的に速くなっていると感じることはほとんどない。そのぐらいiPhone 11 Proは十分速い端末なのだ。A14 Bionicの性能向上は、ユーザーの気が付かない部分で大量の情報を瞬時に処理する機械学習などに生かされ、後述するカメラ機能などでユーザー体験を下支えしているものと思われる。

iPhone 12 Proを含む「iPhone 12」シリーズにはスマートフォン最速をうたう「A14 Bionic」が搭載されており、全性能が大きく向上している
iPhone 12 Proを含む「iPhone 12」シリーズにはスマートフォン最速をうたう「A14 Bionic」が搭載されており、全性能が大きく向上している
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]