全4055文字
PR

 iPhone 12 Proを手に入れた。とても気に入っている。自分にとってiPhoneの機種変更史上で最高の満足度だと思う。最大のポイントはデザインにある。かっこいい。シャープな印象を放つ、角が張ったボディーを眺めているだけで気分が上がる。さらに付け加えると、2年前にiPhone XからiPhone XS Maxへ機種変更したのは義務的で惰性に近く、大きな感動を覚えなかったことの反動でもあるのだろう。

 ボディーのシャープなイメージを大切にしたいと、シルバーを選んだのもよかったと自負している。顔が映るほどに磨き上げられた側面フレーム部のステンレススチールに環境光がまばゆく反射する。パールホワイトに輝く背面は、真珠の上にシルクをかぶせたような仕上げが施され、中央のアップルマークをひきたてる。

パールホワイトに輝く背面からは上品な高級感が漂う
パールホワイトに輝く背面からは上品な高級感が漂う
(筆者撮影、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 この美しさを常に保持したいという欲求を真っ先に感じた。というのは、普通に手にとっただけで、側面のステンレススチールに指の脂をたっぷりと含んだ指紋がべったり付着して、萎えるからだ。このシルバーの輝きが指紋で曇るのは許せない。液晶画面に施されている「耐指紋性撥(はつ)油コーティング」を側面にも実施してほしいものだ。

鏡面のように磨き上げられた側面のステンレススチールに指紋がべったりと付着。これを見てケースを買いに走った
鏡面のように磨き上げられた側面のステンレススチールに指紋がべったりと付着。これを見てケースを買いに走った
[画像のクリックで拡大表示]

 というわけで、クリアケースを手に入れた。アップル純正のMagSafe対応クリアケースは、裏面にマグネットの位置を示す「○」がペイントしてある。これは興ざめだ。そこで、サードパーティー製のなんの変哲もないクリアケースを選択した。これならボディーも見えるし、指紋や傷を心配しなくてすむ。

「Ceramic Shield」の性能を信じることにしたが…

 ボディーの美しさをたたえる端からチープ感漂うプラスチッキーなケースに入れるのは、矛盾した振る舞いではないのかと自問するが、チープなケースの内側には高級感あふれる本体が鎮座していると常に意識することで、自分を納得させている。

 液晶面の傷防止といえば保護フィルムが定番だが、貼らないでおこう。アップルが豪語する「ほとんどの金属よりも硬い、ナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んで作りました」という触れ込みの「Ceramic Shield」なるものを信じることにした。アップルが「IP68等級防水」とうたっているiPhone XS Maxを水没事故で使えなくしてしまった経験のある筆者としては過信は禁物なのだが……。

 iPhone 12シリーズから充電用のACアダプターとEarPodsが付属しなくなった。その分、箱がスリムになった。iPhoneの箱は新型が出るごとに肥大化していったので「グレートリセット」といったところだ。箱が小さくなっても高級感は相変わらずで、上蓋を開けるときの絶妙な滑り具合、上蓋のiPhone写真に合わせたエンボス加工、上蓋裏側のカメラ部分を保護するスペーサーなど、高級機にふさわしい化粧箱だ。

左からiPhone XS Max、iPhone 12 Pro、iPhone 4の化粧箱。充電用のACアダプターとEarPodsが付属しなくなった分薄くなった
左からiPhone XS Max、iPhone 12 Pro、iPhone 4の化粧箱。充電用のACアダプターとEarPodsが付属しなくなった分薄くなった
[画像のクリックで拡大表示]

 アップル製品の化粧箱はどれも梱包・運搬だけの機能以上のものを提供しており、その存在自体が製品との対面を演出するシナリオの一部になっている点がファン心理をくすぐる。驚いたのは、液晶面を保護する養生シートに、iPhone側面スイッチのピクトグラムが印刷されている点だ。一種の操作説明というか、マニュアルとしての機能を持たせているものと思われる。実にスマートだ。

液晶面の養生シートには、側面スイッチのピクトグラムが印刷。マニュアルとしての機能を持たせているのか
液晶面の養生シートには、側面スイッチのピクトグラムが印刷。マニュアルとしての機能を持たせているのか
[画像のクリックで拡大表示]