全2056文字
PR

 2020年10月23日、米Apple(アップル)が「iPad Air(第4世代)」を発売した。この新しいiPad Airは、ホームボタンを搭載したおなじみのスタイルから脱却し、画面占有率の高いタブレットとして生まれ変わった。そして外観は、上位モデルのiPad Proに近くなった。価格は6万2800円(直販の場合、税別)からとなっている。

 実機を入手したので、画面サイズが近い11インチiPad Pro(第2世代)と比較しながら詳しく見ていこう。

アップルのiPad Air(第4世代)。11インチiPad Pro(第2世代)かと思わせる外観だ
アップルのiPad Air(第4世代)。11インチiPad Pro(第2世代)かと思わせる外観だ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

iPad Proと異なり指紋認証に対応

 本体カラーは5色が用意されている。タブレットとしては異例の多さだ。しかもグリーン、スカイブルー、ローズゴールドというポップなカラーも含まれている。パーソナルに使う若年層から仕事に使うユーザーまで網羅したカラーリングと言えるだろう。

 指紋センサーによる認証機能「Touch ID」を本体側面に搭載しているのも特徴だ。ホームボタンではないので、ログインだけに利用する。ここは顔認証機能の「Face ID」だけに対応している11インチiPad Pro(第2世代)とも、指紋センサーを兼用するホームボタンを搭載していたiPad Airの従来モデルとも異なる部分である。

 新型コロナ禍でマスクを着用する機会が多い今は、間違いなくTouch IDのほうが使いやすい。新型コロナウイルスが一段落しても、指紋センサーに対するニーズは恐らく減らないだろう。

こちらは落ち着いたシルバーカラーだが、グリーンやスカイブルーといったポップなカラーも用意されている
こちらは落ち着いたシルバーカラーだが、グリーンやスカイブルーといったポップなカラーも用意されている
[画像のクリックで拡大表示]
トップボタンに指紋センサーが内蔵されている
トップボタンに指紋センサーが内蔵されている
[画像のクリックで拡大表示]