全2157文字
PR

 米Apple(アップル)が2020年10月23日に日本で発売した新しい「iPad Air」は、第4世代の製品としてフルモデルチェンジを果たしている。主要な機能をiPad Proから受け継いでいるだけでなく、最新プロセッサーを搭載するなど一部は追い抜いた部分もあるようだ。主に11インチiPad Proと比較して、仕様や使い勝手などを確認してみよう。

第4世代iPad Air。別売りのキーボードとペンを装着した状態
第4世代iPad Air。別売りのキーボードとペンを装着した状態
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

見た目は11インチiPad Proとほぼ同じ

 第4世代iPad Airの外観は11インチiPad Proとほぼ同じだ。全画面デザインを採用し、本体前面のホームボタンは廃止した。

 画面サイズは10.9型、画面解像度は2360×1640ドットで11インチiPad Proよりわずかに小さいものの、どちらもIPS液晶で、見た目にはほぼ見分けがつかない。

ディスプレーは10.9型で11型のiPad Proよりわずかに小さい
ディスプレーは10.9型で11型のiPad Proよりわずかに小さい
[画像のクリックで拡大表示]
iPad Pro(左)とiPad Air(右)の比較
iPad Pro(左)とiPad Air(右)の比較
[画像のクリックで拡大表示]

 画面サイズは異なるものの、外形寸法は247.6×178.5×6.1mmで、iPad Airのほうが0.2mm厚い。Wi-Fi版の重さは実測で468グラムと、iPad Proとわずかな違いしかない。多くのカバーやケースは共通で使えそうだ。

 リアカメラは2018年モデルのiPad Proに近い形状だ。本体背面にはアクセサリー用の端子「Smart Connector」を備えており、11インチiPad Pro用のアクセサリーを利用できる。USB端子がUSB Type-Cである点も同様だ。

リアカメラ(右)は2018年モデルのiPad Pro(左)と似ている
リアカメラ(右)は2018年モデルのiPad Pro(左)と似ている
[画像のクリックで拡大表示]
iPad Proと同じ「Smart Connector」や「USB Type-C」を搭載
iPad Proと同じ「Smart Connector」や「USB Type-C」を搭載
[画像のクリックで拡大表示]
11インチiPad Proと同じキーボードを利用できる
11インチiPad Proと同じキーボードを利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 画面周りの違いとして、120Hz表示の「ProMotionテクノロジー」の有無がある。iPad Airは120Hz表示に対応しておらず、注意深く見ると画面スクロールはiPad Proほど滑らかではない。

 また、ペンはiPad Proと同じ第2世代Apple Pencilに対応するものの、iPad Proに比べると描画の追従はわずかに遅れる印象だ。ただ、いずれの点もiPad Proと慎重に比べて気が付くレベルの違いであり、日常的なビジネス利用で意識することはなさそうだ。

Apple Pencilは第2世代に対応
Apple Pencilは第2世代に対応
[画像のクリックで拡大表示]
書き心地は少し違うものの、iPad Airでも十分に快適だ
書き心地は少し違うものの、iPad Airでも十分に快適だ
[画像のクリックで拡大表示]