全2800文字
PR

 米Apple(アップル)の最新スマホ「iPhone 12」シリーズは、2020年10月23日発売のiPhone 12とiPhone 12 Proに続き、2020年11月13日には「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」が登場した。

iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Max
iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Max
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 12 miniは小型スマホが好きな人には待望のモデルとして、またiPhone 12 Pro Maxはカメラの差別化を図ったモデルとして注目される。本記事では両極端のサイズとなる2モデルの特徴を紹介する。

小型と大画面を両立した「iPhone 12 mini」

 iPhone 12 miniは、iPhone 12シリーズの4モデルの中で最も小さいだけでなく、大画面化が進むスマホ市場全体を見渡しても特に小さい端末だ。だが5G対応や「A14 Bionic」プロセッサーの搭載などは他のiPhone 12シリーズの端末と共通している。細かな違いを除けば基本性能は同等といえる。

4モデルの比較。左からiPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max
4モデルの比較。左からiPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max
[画像のクリックで拡大表示]

 小型スマホは片手で使いたい人も多いだろう。iPhone 12 miniの外形寸法はiPhone SEの第1世代と第2世代の中間に位置している。持ちやすさに大きく影響する横幅は64.2mmで、第1世代iPhone SEの58.6mmには及ばないものの、片手で扱いやすい。

新旧iPhone SEとの比較。左からiPhone SE(第1世代)、iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)
新旧iPhone SEとの比較。左からiPhone SE(第1世代)、iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、iPhone 12 miniの画面サイズは5.4型で、4.7型の第2世代iPhone SEよりも大きい。本体前面からホームボタンを廃した全画面デザインにより、表示できる情報量は確実に増えている。ただ、画面上部の切り欠き(ノッチ)の幅は大きく感じる。

iPhone 12 mini(左)のノッチは目立つ。右はiPhone 12 Pro Max
iPhone 12 mini(左)のノッチは目立つ。右はiPhone 12 Pro Max
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 12 Pro Maxの画面は6.7型で、シリーズ最大だ。iPhone 12 miniよりも表示できる情報量が大きいのはもちろん、iPhone 11 Pro Maxの6.5型よりも大きくなった。これくらいの大きさがあると表計算ソフトのようなオフィスアプリも実用的に使えると感じる。

iPhone 12 mini(左)とiPhone 12 Pro Max(右)。表示できる情報量は大きく異なる
iPhone 12 mini(左)とiPhone 12 Pro Max(右)。表示できる情報量は大きく異なる
[画像のクリックで拡大表示]

 本体の仕上げは、iPhone 12 miniはiPhone 12と同じマットな質感のアルミニウム。iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Proと同じ鏡面仕上げで、見た目に高級感はあるものの指紋の跡が目立ちやすい。

iPhone 12 mini(赤)はマットな仕上げ、iPhone 12 Pro Max(青)は光沢あり
iPhone 12 mini(赤)はマットな仕上げ、iPhone 12 Pro Max(青)は光沢あり
[画像のクリックで拡大表示]