全4171文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年11月13日に5.4型ディスプレー搭載の「iPhone 12 mini」が発売された。筆者は「iPhone 12が小さくなっただけでしょ」と完全にノーマークだったのだが、実際に使ってみると「小さくなっただけ」がすごいことに気付かされた。

 iPhone 12 miniは2020年の新型iPhoneのダークホースではないだろうか。小さなiPhoneを待ち望んでいた人だけではなく、手に取った多くの人にインパクトを与えるモデルだ。

指がiPhone SE(第1世代)と錯覚するサイズ

 「iPhone 12」シリーズは、それまで丸みを帯びていた側面がフラットになり全体的に角が立ったデザインに変更された。これによってかつての「iPhone 5」や「iPhone SE(第1世代)」に先祖返りしたと評されることが多い。

 筆者はiPhone 12 miniを使い始めたときに、画面をスリープしようとして何度か人さし指で本体上部を探ってしまった。

 iPhone SE(第1世代)では、スリープボタンが現在のiPhoneのように右側面ではなく上部にあったからだ。指はそれを覚えていて、あるはずのないボタンを無意識に押そうとしてしまったのだ。

 同じくフラットなデザインでも6.1型ディスプレー搭載のiPhone 12 Proではこうはならないので、フラットなデザインに加えて小さくなった本体が錯覚させたのではないかと考えている。

 iPhone SE(第1世代)とiPhone 12 miniのサイズと重さを比べてみよう。iPhone SE(第1世代)のサイズは123.8mm×58.6mm×7.6mmで、重さは113g。これに対しiPhone 12 miniのサイズは131.5mm×64.2mm×7.4mmで、重さは133gである。高さと幅はiPhone 12 miniのほうが若干大きく、厚さはiPhone 12 miniがわずかに薄い。見た目では間違えようがないサイズ差なのだが、持つとiPhone SE(第1世代)のように感じて混乱してしまうのだろう。

手前がiPhone 12 mini、奥がiPhone SE(第1世代)。iPhone 12 miniの平らな側面と小さな本体は、iPhone SE(第1世代)に通じるものがある
手前がiPhone 12 mini、奥がiPhone SE(第1世代)。iPhone 12 miniの平らな側面と小さな本体は、iPhone SE(第1世代)に通じるものがある
[画像のクリックで拡大表示]
左からiPhone SE(第1世代)、iPhone 12 mini、iPhone 12。iPhone 12の機能を落とさず、よくここまで小型化できたと思う
左からiPhone SE(第1世代)、iPhone 12 mini、iPhone 12。iPhone 12の機能を落とさず、よくここまで小型化できたと思う
[画像のクリックで拡大表示]

 手に取ったときのサイズ感は「iPhone SE(第2世代)」と似ている。小さなiPhoneが欲しいと思ったら、これまではiPhone SE(第2世代)を選ぶしかなかったが、これからはiPhone 12 miniが選択肢に加わった。

 本体の大きさはiPhone SE(第2世代)が138.4mm×67.3mm×7.3mm(148g)なので、厚さ以外はiPhone 12 miniのほうが小さい。それでいて前面をほぼ占めているディスプレーはiPhone SE(第2世代)の4.7型に対して、iPhone 12 miniは5.4型と大きい。マップアプリなどで一度に表示できる情報量は格段に増え、「シネスコサイズ」と呼ばれるような横長の動画は余すところなく表示して楽しめる。

 バッテリーの稼働時間も比べてみよう。iPhone SE(第2世代)は、ビデオ再生で最大13時間、ビデオ再生(ストリーミング)で最大8時間、オーディオ再生で最大40時間だ。これに対しiPhone 12 miniは、ビデオ再生で最大15時間、ビデオ再生(ストリーミング)で最大10時間、オーディオ再生で最大50時間となっている。本体が小さく軽くなっているにもかかわらずiPhone 12 miniはいずれも上回っている点にも驚く。

 アップル直販価格は64GBモデルで、iPhone SE(第2世代)が4万4800円(以降、すべて税別)、iPhone 12 miniは7万4800円。購入のしやすさではiPhone SE(第2世代)に軍配が上がる。

 現在、旧モデルの「iPhone 11」と「iPhone XR」は値下げされて継続販売されている。本記事執筆時点では64GBモデルはそれぞれ6万4800円、5万4800円だ。いずれも登場当時の価格から1〜2万円程度安価に設定されている。2021年にiPhoneの新モデルが投入された場合に、iPhone 12 miniが継続販売され、購入しやすい価格に変更される可能性はある。

左からiPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)。高さ、幅ともにiPhone 12 miniのほうが小さいが、ディスプレーが前面をほぼ占めているため、画面に表示される情報量は多い
左からiPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)。高さ、幅ともにiPhone 12 miniのほうが小さいが、ディスプレーが前面をほぼ占めているため、画面に表示される情報量は多い
[画像のクリックで拡大表示]