全4229文字
PR

 2020年10月23日に米Apple(アップル)から発売された「iPad Air(第4世代)」は、ホームボタンを廃して上位モデルの「iPad Pro」に似たデザインで登場。周辺機器接続用の端子などもiPad Proと共通している。

iPad Air(第4世代)に搭載されているディスプレーのサイズは10.9インチで、11型iPad Pro(第2世代)の11インチよりもわずかだが小さい。その分ディスプレーの周囲にある縁がやや太いが、比較しなければ分からない程度だ
iPad Air(第4世代)に搭載されているディスプレーのサイズは10.9インチで、11型iPad Pro(第2世代)の11インチよりもわずかだが小さい。その分ディスプレーの周囲にある縁がやや太いが、比較しなければ分からない程度だ
(写真:伊藤 朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでのホームボタンの代わりに、本体上部に搭載された「トップボタン」が指紋認証「Touch ID」に対応している点にも注目したい。

 本体のデザインが変更されたことによるメリットとデメリット、新しい形で搭載されたTouch IDの使い勝手を中心にレビューしよう。

iPad史上最多のカラバリ5色展開

 iPadはこれまでも幅広いユーザーのニーズに応えるため、本体カラーの違う製品をラインアップしていた。iPad Air(第4世代)ではさらにそれを推し進め、シルバー、スペースグレー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色展開となった。これはiPad史上最多となる。また歴代iPadでは見られなかったグリーン、スカイブルーのようなポップな色が用意された点から、学生などの若年層やカジュアル用途のユーザーへの訴求力を強化したものと思われる。

 親や学校から与えられていたiPadを卒業した学生が、自分自身の好みで選択するとしたら、カラフルで1ランク上の性能を持つiPad Air(第4世代)は魅力的に見えるのではないだろうか。

 今回筆者が入手したのはグリーン。かなり明るい色で多くのユーザーに好まれそうだ。iPhoneの新モデル「iPhone 12」にも似た雰囲気の明るいグリーンが用意されているので、合わせて持つと楽しいかもしれない。

 iPad Air(第4世代)は「11型iPad Pro(第2世代)」と共通する部分が多い。例えば前面のほとんどをディスプレーが占める「オール・スクリーン・ディスプレー」と呼ばれるデザイン。きょう体は正面から見たサイズ(高さと幅)が11型iPad Pro(第2世代)と同じ。厚さは0.2mm増えただけなので純正のキーボードや保護カバーなどは11型iPad Pro(第2世代)と同じものを利用できる。

 またこれまではiPad Pro専用だった「Apple Pencil(第2世代)」がiPad Air(第4世代)に対応している。「Apple Pencil(第1世代)」は使えないので注意しよう。

 これまでのiPadには、Wi-Fiや携帯の電波の通り道となる樹脂パーツが本体背面に存在した。これは「アンテナライン」と呼ばれる。iPad Air(第4世代)のWi-Fiモデルからアンテナラインが完全に消えて、すっきりした印象になった。ただしWi-Fi+Cellularモデルには上下にアンテナラインが存在する。

ほぼ同じきょう体サイズの11型iPad Pro(第2世代)向けに販売されている純正のキーボード「Smart Keyboard Folio」やディスプレー保護カバー「Smart Cover」がそのまま使用できる。Apple PencilもiPad Proと同じ「第2世代」が対応している
ほぼ同じきょう体サイズの11型iPad Pro(第2世代)向けに販売されている純正のキーボード「Smart Keyboard Folio」やディスプレー保護カバー「Smart Cover」がそのまま使用できる。Apple PencilもiPad Proと同じ「第2世代」が対応している
[画像のクリックで拡大表示]
写真の右は12.9型iPad Pro(第3世代)のWi-Fi+Cellularモデル。背面の上部と下部にWi-Fiやモバイル通信の電波をきょう体内に取り入れるための樹脂パーツ、通称「アンテナライン」が存在する。iPad ProはWi-Fiモデルでも上部にはアンテナラインが残されているのだが、iPad Air(第4世代)のWi-Fiモデルでは上部のアンテナラインがなくなった(左)
写真の右は12.9型iPad Pro(第3世代)のWi-Fi+Cellularモデル。背面の上部と下部にWi-Fiやモバイル通信の電波をきょう体内に取り入れるための樹脂パーツ、通称「アンテナライン」が存在する。iPad ProはWi-Fiモデルでも上部にはアンテナラインが残されているのだが、iPad Air(第4世代)のWi-Fiモデルでは上部のアンテナラインがなくなった(左)
[画像のクリックで拡大表示]