自動車開発で、ハードウエアとソフトウエアの「分業」が始まった。主戦場は自動運転ソフト。どこまで自ら開発し、どこを他社に委ねるのか。新興勢を巻き込み、「分業」と「統合」の激しい駆け引きが始まった。一方で、付加価値が下がるハード(車体)の開発は、電気自動車(EV)のプラットフォーム単位という、かつてない巨大な「分業」が盛んになる。車体の製造を「分業」する時代も間近だ。自動車産業の新分業時代の行方を占う。