全1354文字
PR

 Boston Dynamicsは2021年2月2日(米国時間)、Spotに取り付けるロボットアーム「Spot Arm」を発表した(図1)。同社のWebサイトでは、セールスへの問い合わせのみ受け付けており、販売価格や出荷時期は明らかにしていない。

図1 レバー操作も可能なSpot Arm
図1 レバー操作も可能なSpot Arm
ハンドルやレバーの操作、ドアを開けて通り抜けることが可能。また、物を掴んで背中のカゴに入れたり、チョークを持たせて、道路に文字や絵を描かせることもできる。(写真:Boston DynamicsのYouTube動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Spot Armは、Spotの前方上部に取り付けるオプションパーツで、蛇の口のようなグリッパーが付いた6軸のアームである(図2)。グリッパーの内側には4Kのカメラとライトが付いており、掴む物体を確認できる。物を引きずって移動させたり、背中のかごに物をつかんで入れたりすることもできる。また、ドアノブを回してドアを開けたり、バルブを開閉したりする機能があらかじめ用意されている。おおよそ人が把持できる大きさの物であれば、グリッパーで掴めるとしている。

図2 6軸アームとグリッパーで構成
図2 6軸アームとグリッパーで構成
Spotのアームは6軸と、グリッパーの1軸の7自由度を持つ。グリッパーに距離画像センサーと4Kカメラを持っており、これを使って目標物を掴むことができる。(画像:Boston DynamicsのWebページ、表はBoston Dynamicsの情報を基にDigitalBlastが作成)
[画像のクリックで拡大表示]