全2634文字
PR

 米Sony Interactive Entertainment(SIE、ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が2020年11月12日に発売した据え置き型ゲーム機「PlayStation 5(PS5)」では、ゲームへの没入感を高めるために高速なメインプロセッサーやSSDを搭載した。加えて、冷却ファンの駆動音をPS4よりも静かにした。さらに没入感の向上に向けて、ゲームの臨場感を高める、すなわちゲームをよりリアルに感じられるような、人の「聴覚」や「触覚」を刺激する技術をPS5で新たに導入した。PS5のハードウエア開発を統括する伊藤雅康氏(SIE ハードウェアエンジニアリング&オペレーション担当EVP)によれば、こうした一連の技術によって、待ち時間を削減し、かつ短い時間でユーザーにゲームの世界に入り込んでもらうことを目指した。

伊藤 雅康(いとう・まさやす)氏
伊藤 雅康(いとう・まさやす)氏
ハードウェアエンジニアリング&オペレーション担当EVP。1986年にソニー入社。2000年にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE、現SIE)へ。ハードウエア設計を担当し、2005年に設計生産本部 副本部長、2007年にSVP(設計担当)に就任。その後も重要な役職を歴任し、2016年から現職。ソニーの執行役員も兼任している。(出所:SIE)
[画像のクリックで拡大表示]

 聴覚に向けては、「Tempest」と呼ぶ 3次元(3D)オーディオ技術を採用した。同技術を通じて、従来よりも高い「実在感」と「定位感」をユーザーに提供する。例えば、雨粒がさまざまな物体の表面に当たる音や、敵がどの方向に潜んでいるかを聞き分けることができるようになるという。

 周辺機器として、Tempestに対応したヘッドホン「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」を用意する。近年のゲームでは、友人や知り合いとオンライン越しに同じゲームを一緒にプレイしながら、チャット(会話)するのが一般的である。そこで、ボイスチャット向きの機能を盛り込んだ。例えば、マイクを2つ搭載し、ノイズキャンセリング機能を備える。マイクのミュート(消音)や主音量の操作、ゲーム内オーディオとボイスチャットの音声ミックス調整を、ゲームをプレイしながら簡単に行えるようにしたという。加えて、専用の「マイクモニタリングスイッチ」で、オンライン越しにゲームを一緒にプレイしているチームメイトに自分の声がどのように聞こえているかをチェックできる。

「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」
「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」
(出所:SIE)
[画像のクリックで拡大表示]

 3Dオーディオに関しては、既存の互換性のあるヘッドホンでも対応できる。PS5の発売時、テレビスピーカーでは非対応だが、将来の対応に向けて開発を進めているという。なるべく多くのPS5ユーザーが臨場感のある音を体験できるようにする措置である。