全2774文字
PR

 Macのプロセッサーを米Intel(インテル)製から、iPhoneなどで使用している独自の「Apple Silicon」に移行することを表明していた米Apple(アップル)。米国時間の2020年11月10日に新たな発表イベントを実施し、Apple SiliconのMac向けプロセッサー「M1」と、それを搭載した「MacBook Air」など3機種を発表した。だがプロセッサーのアーキテクチャー統一が新たな課題も生み出しそうだ。

iPhoneなどでのノウハウをMacに生かす

 2020年9月に新しい「Apple Watch Series 6」や「iPad Air(第4世代)」を発表し、10月には「iPhone 12」シリーズを発表するなど、立て続けに新製品を発表しているアップル。そのアップルが2020年11月10日(米国時間)にも新製品発表イベントを実施した。

 今回の発表会はMacに関するものだ。Macといえばアップルは2020年6月の開発者イベント「WWDC 2020」で、プロセッサーを従来採用してきたインテル製のものから、iPhoneやiPadなどで採用している英Arm(アーム)のアーキテクチャーをベースとした自社開発の「Apple Silicon」に移行することを打ち出しており、今回のイベントではそのプロセッサーと、それを搭載したMacの新製品を発表している。

 新しいプロセッサーのM1は、自社開発であることを強みとして従来Macに別々に搭載されていたチップを1つにまとめ、さらにCPUを含む様々なコアがメモリーを共有するユニファイドメモリーアーキテクチャーを採用。これによってパフォーマンスを向上させながら消費電力を大幅に減らしているのが特徴になるという。より小型のデバイスとなるiPhoneやiPadを長年手掛け、チップの集積化を進めてきた技術をMac向けにも生かすことでパフォーマンスと省電力の両立を実現できたといえそうだ。

M1向けに開発された新しいMac用OS「macOS Big Sur」。パフォーマンスの向上に加え従来のMacアプリや、iPhone/iPadアプリが動作させられるなど、アップルのアプリ資産を生かしやすいのも大きなポイントとなるようだ
M1向けに開発された新しいMac用OS「macOS Big Sur」。パフォーマンスの向上に加え従来のMacアプリや、iPhone/iPadアプリが動作させられるなど、アップルのアプリ資産を生かしやすいのも大きなポイントとなるようだ
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのM1に向けて提供されるmacOSが、新しい「macOS Big Sur」になる。パフォーマンスの高さに加え、iPhoneやiPadと同様、スリープから一瞬で解除できることなどがメリットとして打ち出されていたが、注目されるのはやはりアプリの互換性であろう。

 macOS Big SurではM1に最適化された「ユニバーサルアプリケーション」だけでなく、既存のMac用アプリも「Rosetta 2」という技術で動作するとのこと。さらにiPhoneやiPadのアプリもMac上で動作させられるとしており、アップルのアプリ資産をフル活用できることをアピールしていた。

M1を搭載した新製品は「MacBook Air」「Mac mini」「13インチMacBook Pro」の3機種。いずれもM1の特徴を生かしやすいモデルといえる
M1を搭載した新製品は「MacBook Air」「Mac mini」「13インチMacBook Pro」の3機種。いずれもM1の特徴を生かしやすいモデルといえる
[画像のクリックで拡大表示]