[画像のクリックで拡大表示]

 年間43億個もの荷物が飛び交う日本の物流はもはや限界の状態だ。非効率な仕事の進め方に人手不足、再配達率の増加などが相まって配送現場からは悲鳴の声が上がる。そこに追い打ちをかけたのが新型コロナ。巣ごもり消費の広がりでEC(電子商取引)の利用が拡大し、宅配網への負担は増すばかりだ。増え続ける荷物を受け止め、かつ持続可能な物流網をどう作るか――。データの力で加速する物流業界のデジタル変革を追った。